最新ランキングをチェックしよう
「西郷どん」序盤から“泣ける大河”に 深み持たせた“子役たちの熱演”

「西郷どん」序盤から“泣ける大河”に 深み持たせた“子役たちの熱演”

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2018/01/14

俳優の鈴木亮平(34)が主演を務めるNHK大河ドラマ「西郷(せご)どん」(日曜後8・00)第2話が14日に放送された。初回放送後から鹿児島弁が注目を集めるが、子役の熱演も「泣ける」と話題になっている。

「西郷どん」第2話。貧しい農民の娘ふきを演じた柿原りんか(C)NHK

 第2話。鈴木演じる西郷小吉は元服して吉之助と名乗り、年貢の徴収を行う役人の補佐役を務めていた。そこで、年貢が払えぬ農民の

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
安室奈美恵「ラストステージ」に『MAX』が来なかった理由
「ベロベロで現場に行っていた」哀川翔の“老害”っぷりに批判続出
要潤のツイッターがヤバすぎると話題 「狂気に支配されてる」と悲鳴相次ぐ
ミニプレステ「プレイステーション クラシック」が12月3日発売 「FF7」「ワイルドアームズ」など懐かしの20作品内蔵
高橋祐也 覚せい剤通報現場に同席していた愛人は「元乃木坂46メンバー」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加