「攻めは十分、受けは不十分」蓮舫氏、最後の会見

「攻めは十分、受けは不十分」蓮舫氏、最後の会見

  • テレ朝news
  • 更新日:2017/08/10
No image

動画を見る(元記事へ)

「攻めは十分だが、受けは不十分だった」と代表を務めた1年間を振り返りました。

民進党・蓮舫代表:「安倍内閣の信頼が揺らぐ一年だったと思っている。攻めと受けの部分で、攻める部分の力は十分にあるということは明らかになったが、受けの部分の不十分さ、この部分は次の執行部にしっかりと蓄えて頂いて」
最後の定例記者会見に臨んだ蓮舫代表は「原発ゼロ」や社会保障など、次の衆議院選挙に向けた政策の準備はほぼ終わったと強調しました。そのうえで、次の代表選挙に向けては「多くは語らないが、一致結束に尽きる」と党の結束を呼び掛けました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
末端ヤクザの悲しすぎる現実「逮捕状が出たら破門...」
30人が“宙づり”に...USJで人気コースター緊急停止
ビル30階建て相当のすごい船「ちきゅう」が一般公開!見学者9000人を募集中
日本の学校は地獄か...いじめ自殺で市教委がとった残酷すぎる言動
大文字焼きがLED照明に 「やめてしまえ」「これも時代の流れか」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加