8月15日の話題は「スマホ版たけしの挑戦状 リリース」「SBが車載係留気球Wi-Fiシステムをコミケで導入」:今日は何の日?

8月15日の話題は「スマホ版たけしの挑戦状 リリース」「SBが車載係留気球Wi-Fiシステムをコミケで導入」:今日は何の日?

  • Engadget
  • 更新日:2019/08/15
No image

※連休中は製品やサービスの発売、発表のニュースが少ないため、若干の短縮版でお届けします。

2017年:「スマホ版『たけしの挑戦状』8月15日配信開始。「伝説のクソゲー」がiPhone / Androidで復活」

No image

ファミコンのゲームの中でも、難易度の高いクソゲーとして有名な「たけしの挑戦状」がスマホアプリとしてリリースされたという話題です。

この頃のゲームは内容そのものというよりも、ヒントが極端に少ない、もしくはない状態で手探りするしかないというのが、難易度を高めている原因でもあります。この難易度はそのままに、スマホ版ではワイド画面化したほか、音声入力への対応、ハードモードの追加、新ステージ「あめりか」の追加など、単なるリメイクではなく新しい要素が多く追加されています。

今時のゲームらしくセーブ機能があるため少しはマシになっていますが、攻略本片手に進めなければまずクリアは不可能だろうというのは共通。昔ほど頑張れないという人は、無敵モード(有料)を使って、幼かった頃のリベンジを果たすというのもアリでしょう。

なお通常840円のアプリですが、本日8月15日までは480円のセール中。あの頃の気持ちを取り戻すチャンスです。

2014年:「ソフトバンクが夏のコミケにWiFi気球を導入、auは弱ペダ総北自転車競技部でエリア対策」

No image

大きなイベントが開催されると人が集中し、通信が不安定になりがちです。これを解消するため、各キャリアは周辺基地局の調整、移動基地局車の出動、Wi-Fiアクセスポイントの設置など、臨時の設備で対応します。

中でもコミケは各キャリアの実験場とでもいえるほど、ユニークな対策が行われることが多いイベント。移動基地局車の痛化などが定番ですが、2014年のC86では、ソフトバンクは気球を使って上空にアクセスポイントを設置し、Wi-Fi網を構築するという車載係留気球Wi-Fiシステムを投入しました。そもそもは災害用のシステムということもあり、約30分でサービス提供が可能という設置の早さが魅力です。

ちなみに今夏のコミケは8月9~12日に開催されましたが、もちろん各キャリアは通信の安定を図るため対策を行いました。具体的には、ソフトバンクは「賢者の孫」とコラボで臨時Wi-Fiアクセスポイントの設置、auは車載型基地局3台と可搬型基地局3台でLTE通信を強化、ドコモは周辺基地局の調整、移動基地局車、ドコモWi-Fiの設置を行っています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
まるでちっちゃなPC-8001だ!「PasocomMini PC-8001」で今こそ平安京エイリアンを!!
高画質でテレビ会議にも使われるPCカメラ! 7月一か月でもっとも売れた製品TOP10
au、ソフトバンク、MVNO各社はなぜHUAWEI製スマホを発売したのか?ドコモはどう動く?
Core i9-9900K搭載PCなどが特価になる「24時間限定セール」が開催
Adobeの新しいタブレット用ペイントアプリ「Fresco」が革命的なワケ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加