最新ランキングをチェックしよう
明治大学の宮下芳明教授らが熱溶解積層方式での滑らかな手触りの3Dプリント手法を開発

明治大学の宮下芳明教授らが熱溶解積層方式での滑らかな手触りの3Dプリント手法を開発

  • MdN
  • 更新日:2016/10/20

出力の様子
明治大学総合数理学部の宮下芳明教授と、大学院理工学研究科博士後期2年の高橋治輝氏は、熱溶解積層方式3Dプリンタによって、滑らかで凹凸感のあるシートを作成する手法を開発した。今回開発された手法での3Dプリントは、透明樹脂や柔軟性が高い樹脂との相性が良く、蛇革のような感触や高級な雰囲気の表現などが可能だ。プリント後のシートはレーザーカッターで容易に切断でき、その見た目を日用品に付加するよう

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
上海問屋、液晶ディスプレイとノートPCを設置できるデュアルアーム
オーディオテクニカ、パワーアシストボックスなど3製品を4月7日より発売
農家がトラクターを管理するソフトウェアをクラック(改造)している理由とは?
ARM、次期Cortex-Aに採用する新マルチコアアーキテクチャ「DynamIQ」を発表 - AI専用の新規命令により、高速化も実現
“Premium HDMI”認証取得のハイエンドHDMIケーブル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加