最新ランキングをチェックしよう
明治大学の宮下芳明教授らが熱溶解積層方式での滑らかな手触りの3Dプリント手法を開発

明治大学の宮下芳明教授らが熱溶解積層方式での滑らかな手触りの3Dプリント手法を開発

  • MdN
  • 更新日:2016/10/20

出力の様子
明治大学総合数理学部の宮下芳明教授と、大学院理工学研究科博士後期2年の高橋治輝氏は、熱溶解積層方式3Dプリンタによって、滑らかで凹凸感のあるシートを作成する手法を開発した。今回開発された手法での3Dプリントは、透明樹脂や柔軟性が高い樹脂との相性が良く、蛇革のような感触や高級な雰囲気の表現などが可能だ。プリント後のシートはレーザーカッターで容易に切断でき、その見た目を日用品に付加するよう

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
解約金、契約解除料なし!快速でコスパもいい〝自由な〟モバイルルーター『FUJI Wi-Fi」
3000年前のミイラのつま先に精巧な義足 エジプト学者が青ざめる
スマホかざして接続、来客用に便利なWiFiルーター「kisslink(キスリンク)」先行販売中
自動車産業に変革をもたらすデータ爆発 - インテルが自動運転に注力する理由
タムロンが世界初の18-400mmをカバーする超望遠高倍率ズームレンズを発売
  • このエントリーをはてなブックマークに追加