Appleは授業料が無償の大学を開いたほうがいい

Appleは授業料が無償の大学を開いたほうがいい

  • iPhone Mania
  • 更新日:2018/04/17
No image

多大な利益を上げているAppleは、授業が無償の大学を始めるべきとのユニークな意見がWired.co.ukに投稿されました。ニューヨーク大学レナード・N・スターン・スクールの教授、スコット・ギャロウェイ氏の主張です。

「Apple大学」開校なるか?

Appleの低コストで製品を生産しつつ、プレミアム価格で販売できる能力は、ロシアの証券市場と、BoeingとNikeの株式時価総額を足したものよりも大きな利益を生み出しているといわれています。Appleが手にした大金を使う必要があるとしたら、どのようなものに使用されるべきでしょうか?

ギャロウェイ氏は、授業料が無償の大学を開くべきとの意見を述べています。

Appleは企業として学界にルーツがあり、すでにクリエイティブなサービスや教育を提供するブランドとして認識されています。そして何よりも大きな利益を上げることができると、ギャロウェイ氏は主張します。

授業料を無償にしつつ、利益を上げるためには現在のシステムをひっくり返す必要があるとギャロウェイ氏は語ります。学生への授業料を無償にして、企業がそこで人材を探すのにお金を払わせるのです。現在、企業は大学に対して巨大な人事部のような形で接しており、人材を探しています。大学は志願者を絞り込むのにもってこいの場所だからです。

大学は学生を教育するだけでなく、学生が信用を得られるようにするのも大きな役割のひとつです。Appleが大学を主催すれば、優秀な学生が集まるとギャロウェイ氏は推測しています。優秀な学生にコンタクトするために、企業は多額の資金を払うことを厭(いと)わないでしょう。

企業は空前の利益を上げ、学生は空前の借金をしている、そんな状況ではシステムを転換することが求められるとギャロウェイ氏は述べています。

ギャロウェイ氏によると、Appleは大きなブランド力を持っており、すでに大学を運営できる能力が60〜70%はあると主張します。

Appleが授業料無償の大学を開いた場合、すぐさま数百万人からの申し込みが見込まれるだろうとギャロウェイ氏は予想しています。

また授業料を無償化することで、他の大学にも授業料を下げるようプレッシャーをかけることができます。

Apple Storeは一等地に建てられており、大学キャンパスとして使用できるとギャロウェイ氏は語ります。Apple Storeは営業時間が終わった後は使われておらず、すでにいくつかの講習が行なわれています

「Apple大学」は近い将来実現するでしょうか?今後の展開に注目です。

Photo:Apple
Source:Wired.co.uk
(lexi)

投稿Appleは授業料が無償の大学を開いたほうがいいiPhone Maniaに最初に表示されました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

Appleカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
AppleのiPhone解体ロボット「Liam」の妹「Daisy」は1時間に200台処理
アップルiPhone SE 2ついにリリースか=うわさ
“新しい技術に触れたい”を後押し。Appleが4月22日の「アースデイ」に向けて下取り&リサイクルサービスの強化を発表!
iPhone SE2(仮称)が6月のWWDCで登場?EECデータベースから可能性が急浮上
「iPhone SE 2」は5月か6月に発表か
  • このエントリーをはてなブックマークに追加