降格圏のウェストハムに痛手...“チチャリート”がハムストリングを負傷

降格圏のウェストハムに痛手...“チチャリート”がハムストリングを負傷

  • サッカーキング
  • 更新日:2017/11/12
No image

ウェストハムに所属するメキシコ代表FWハビエル・エルナンデスが10日に行われた親善試合でハムストリングを負傷したようだ。イギリスメディア『スカイスポーツ』が11日に報じている。

“チチャリート”の愛称で親しまれるエルナンデスは10日、親善試合ベルギー戦に先発出場。38分にはPKを獲得するなど活躍を見せていたが、51分に負傷交代していた。同メディアによると、同選手はハムストリングを痛めたという。近日中に検査が行われる見込みで離脱期間はまだ不明。

No image

ベルギー戦で負傷交代するハビエル・エルナンデス [写真]=Getty Images

チチャリートは1988年生まれの29歳。メキシコのグアダラハラでプロデビューを果たすと、マンチェスター・U、レアル・マドリード、レヴァークーゼンを経て今夏1600万ポンド(約23億円)でウェストハムに加入。今季ウェストハムの11得点中4得点はチチャリートが決めている。

降格圏に低迷しているウェストハムに新しく就任したディビッド・モイーズ監督にとって、同クラスの“エース”のケガは大きな不安材料と見られている。ウェストハムは19日、敵地でワトフォードと対戦する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
監督が前立腺がんを緊急告白
レスリング吉田沙保里の恩師がひた隠す東京五輪新星の重大事故
ペルーのW杯出場資格剥奪の可能性が急浮上!? 失格なら...代わりに出場する国は?
性的虐待まん延の米体操界、新たに五輪金メダリストが被害告白
10歳ボールボーイに暴行の衝撃...乱闘勃発 世界で波紋「醜悪」「言い訳無用のタックル」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加