アーセナルが新指揮官の招聘に「4年で52億円」の大型契約を準備。伊紙が報じたヴェンゲルの後釜は?

アーセナルが新指揮官の招聘に「4年で52億円」の大型契約を準備。伊紙が報じたヴェンゲルの後釜は?

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2018/01/12
No image

今夏に退任する噂があるヴェンゲルの後釜にアンチェロッティの名前が浮上。ヴェンゲルはなんらかの形でクラブに残るという噂も。(C)Getty Images

アーセナルを率いるアーセン・ヴェンゲル監督は昨年5月、クラブと2019年までの新契約を結んだ。だが、今シーズンもチームが伸び悩んでいるため、今夏に退任するとの噂が後を絶たない。

ヴェンゲル政権発足以来、初めてチャンピオンズ・リーグ(CL)出場権を失ったアーセナルは、例年よりプレミアリーグに集中できる環境にあった。しかし、そのプレミアリーグでは首位マンチェスター・シティに勝点23差をつけられ、6位に甘んじている。

加えて、現地時間1月7日に開催されたFAカップでは、2部のノッティンガム・フォレストに屈し、まさかの初戦敗退。10日の準決勝第1レグでチェルシーと敵地で引き分けた(0-0)リーグカップや、順当に決勝トーナメントに勝ち進んだヨーロッパリーグは、まだタイトル獲得の可能性を残すものの、指揮官への風当たりは日に日に強くなっている。

そして11日、イタリア紙『Corriere dello sport』は、「今シーズン終了後にアーセナルがヴェンゲル監督に見切りをつけることを決めた」と報じた。後任候補に挙げられたのは、昨年9月にバイエルン・ミュンヘンで解任の憂き目を見たイタリア人監督、カルロ・アンチェロッティだ。

『Corriere dello sport』紙によると、昨年11月にサウジアラビアから届いた代表監督就任の巨額オファー(1000万ユーロ=約13億円)を拒否していたアンチェロッティのもとに、11月末から12月初旬にかけてアーセナルから打診があったようだ。ボーナスを含めずに4年契約で4000万ユーロ(約52億円)という大型契約が準備されているという。

アンチェロッティには、ワールドカップ予選で敗退した母国イタリア代表からもアプローチがあったとされるが、イタリアは今月下旬にサッカー連盟の新会長選を行なうという段階。『Corriere dello sport』紙は、イタリア・サッカー連盟が新体制になっても、アンチェロッティに対し、ロンドン(アーセナルの本拠地)へ向かわないよう説得するのは「非常に厳しい」と伝えている。

一方で同紙は、チェルシーと2019年までの契約を結ぶアントニオ・コンテ監督も、シーズン終了後に退任すると報じた。後任候補のひとりには、ユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督が挙がっているという。

コンテはユベントス時代も、クラブの補強に対する不満から退任。その後を受け継いだのが、アッレグリだった。当初はサポーターから懐疑的な目を向けられた元ミラン監督だが、3シーズン連続国内2冠を達成。CLでも3シーズンのうち二度も決勝の舞台に導き、改めてその手腕が高く評価されている。

『Corriere dello sport』紙によると、ユベントスは2020年までの契約を結んでいるアッレグリを慰留する方針。今シーズンもセリエAで首位ナポリに勝点1差の2位につけ、CLでベスト16進出を果たし、コッパ・イタリアでも準決勝に勝ち進んだ指揮官を手放さない考えだ。

ただ、アッレグリは以前からプレミアリーグや英語習得への関心をうかがわせている。ユベントスに続きチェルシーでも、「コンテ→アッレグリ」の指揮官交代が見られるか注目だ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ハンブルクの監督人事、酒井高徳、伊藤達哉の新たなボスはクラブOBに!?
ムヒタリアンとサンチェス、ユナイテッドとアーセナルの大型トレードが間もなく実現
張本氏は問題発言連発!?関口宏がズバリ指摘
堂安律、強烈ミドルで今季4点目。リーグ戦2戦連発
ユーベが狙う北朝鮮FW、移籍金は“アジア史上最高”クラスの40億円も?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加