北海・坂口が好投するも終盤2本塁打浴び涙の初戦敗退

北海・坂口が好投するも終盤2本塁打浴び涙の初戦敗退

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/08/13
No image

逆転負けしガックリと応援団にあいさつに向かう北海ナイン

「全国高校野球選手権・2回戦、神戸国際大付5-4北海」(12日、甲子園球場)

北海の先発の阪口皓亮投手(3年)は今大会最速タイの148キロをマークするなど「一番、調子はよかった」としながら、四回2死満塁の場面で多間にスイッチ。ここはエース・多間がしのいだが、終盤の2本塁打で初戦敗退となった。

多間は「(準Vの)去年以上を目指していたのに、申し訳ないです」と目を腫らしていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

高校野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
大阪桐蔭 新チームが始動 福井主将 中川へ「絶対折れたらアカンぞ」
甲子園ベスト8が激突!「最も面白い」準々決勝を広角展望
夏の甲子園「優勝候補」戦力徹底分析!
ソフトB今宮、8強敗退の明豊の驚異の粘りに「感動」 「自慢の母校です!」
【高校野球】増田珠(横浜)、岩本久重(大阪桐蔭)ら、2014年・侍ジャパンU-15メンバーが迎えた最後の夏
  • このエントリーをはてなブックマークに追加