日米首脳が電話会談 “南北会談”模索の韓国を牽制

日米首脳が電話会談 “南北会談”模索の韓国を牽制

  • テレ朝news
  • 更新日:2018/02/15
No image

動画を見る(元記事へ)

安倍総理大臣はアメリカのトランプ大統領と電話で会談し、「対話のための対話では意味がない」との考えで一致して韓国を牽制(けんせい)しました。

安倍総理大臣:「対話のための対話では意味がありません。日本も米国も完全かつ検証可能、そして不可逆的な非核化を前提としない限り、意味ある対話はできないと考えています」
電話会談は約1時間15分にわたって行われました。両首脳は北朝鮮問題について、最大限の圧力を掛け続けていく方針を確認したうえで、南北会談を模索する韓国を念頭に「対話のための対話は意味がない」と牽制しました。さらに、経済連携についても意見交換し、安倍総理はアメリカの税制改革による日本企業への投資増加に期待感を示しました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

政治カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【衆院予算委】野党攻勢、働き方改革法案提出見送りと調査要求 加藤勝信厚労相への辞任要求も
ついに日本を滅ぼす力を持ってしまったので、政治と情報発信のあり方考察
「全NPOが泣いた!」国会質疑2018:山本香苗 vs 世耕弘成
裁量労働制の厚労省不適切データ、新たに117件発覚 首相謝罪も働き方改革法案提出、成立に意欲
【報ステ】不自然データ使用も政府「法案問題なし」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加