玉木宏、『のだめ』から10年 新しい自分で、千秋先輩のイメージ塗り替えたい

玉木宏、『のだめ』から10年 新しい自分で、千秋先輩のイメージ塗り替えたい

  • THE PAGE
  • 更新日:2018/01/17
No image

玉木宏(撮影:磯部正和)

1998年にドラマ「せつない」でデビュー以来、今年で俳優生活20年を迎える玉木宏。非常に数多くのテレビドラマや映画に出演し、最新映画『悪と仮面のルール』でも、悪の心“邪”を持つことを宿命づけられ葛藤する主人公を好演。俳優として波に乗っている印象を受けるが「現時点でも全然できていない。もっと自分のイメージを壊していかないと」と自己評価は厳しい。そこにはどんな思いがあるのだろうか――。

「まだまだ半端」自身のキャリアに警鐘を鳴らす

玉木といえば、デビュー3年目に出会った映画『ウォーターボーイズ』や、連続ドラマ・映画化もされ大ヒットした『のだめカンタービレ』シリーズなど、節目節目で代表的な作品に巡り合い、年齢とともに役柄の幅も広がり、順調に俳優としてのキャリアを積んでいるように思われるが「まだまだ半端。自分をもっと壊して、もがきながら役を演じていかなければいけない」と自身のキャリアに警鐘を鳴らす。

非常にストイックな感じを受けるが「やはりほかの映画や舞台を観ていても『うまいな』と思う人はたくさんいます。この世界、立場にあぐらをかいていたら、どんどん落ちていくだけ。いまは時代も変わってきていて、映画やドラマの在り方自体も変化しています。自分も変わっていかないといけないんです」と強い視線で語る。

デビュー当時からこうした危機感を持っているのかと問うと「正直20代は俳優という仕事を続けていくために安定を求めていましたが、この世界で20年近くやらせていただくと、『安定なんてものはない』と身にしみて感じます」と苦笑いを浮かべる。

こうした考えにたどり着くまでの俳優人生とはどんなものだったのだろうか。玉木は「やはり『ウォーターボーイズ』は一つのターニングポイントにはなりました」と当時を振り返る。

『ウォーターボーイズ』で得たこと

「デビューから3年ぐらい経ったときに出演した作品なのですが、それまでは、演じることがなにかもわかっていませんでした。そんななか、この映画はオーディションの条件が“水泳ができる人”だけだったんです。なんのことかわからず現場に入ったらシンクロだったんです。泳ぐこととシンクロは全然違うので、そこからみんなで合宿して、一つのものを形にしていくのですが、演じる人だけではなく、多くのスタッフの方と過ごした日々で、映画作りというものを学べました。しかも、こうして完成した作品が多くの方に観ていただけて、その後自分自身も仕事が増えていったんです。このときは『このまま波に乗り、安定して俳優を続けていけたらいいな』と思っていました。それが生きるすべだと思っていたんです」

『のだめ』で気づいたこと

No image

玉木宏(撮影:磯部正和)

玉木の言葉通り、『ウォーターボーイズ』以降、ドラマや映画に、コンスタントに出演するようになり、人気俳優としての地位を確立したように感じられた。「俳優を続けていく」という目的は、ある程度達成感はあったというが、同時に「作品に出ることが生き残るすべではない。出ているだけでは飽きられてしまう」という思いが強くなっていったという。「徐々にそういう危機感は募っていったのですが、大きく感じるようになったのは、2006年に放送された『のだめカンタービレ』ですね。ドラマに続いて映画化もされ、結果的には4年ぐらい携わったのですが、いまだに『のだめ』の千秋先輩というイメージが強いんです」と苦笑いを浮かべる玉木。

続けて「『千秋先輩だ』といわれるのは、嬉しい半面『もういいのではないかな』と思う部分もあるんです。ありがたいことなのですが、逆にいえば、10年以上経つのに、まだ自分は、あのときを超えられていないのかと思ってしまうんですよね。また次に新しいものが生まれれば、イメージは塗り替えられるという思いがあります。『のだめ』だけではなく、常に観ている方の期待を裏切るような俳優でいることが目標です」と語る。

新たな玉木が観られる作品

No image

(C)中村文則/講談社 (C)2017「悪と仮面のルール」製作委員会

その意味では、『悪と仮面のルール』で玉木が演じた主人公・久喜文宏は、“邪”の宿命に葛藤しながら凄惨さと純粋さの両面を持つ非常にセンシティブな役柄で、新たな玉木が垣間見られる。玉木自身も「特殊な映画で、勝負したいと思えるような作品なので、多くの人に観ていただきたいと思います」と気合十分だ。

さらに、人の心に潜む闇と葛藤が連鎖するドラマに「僕たちがやっている仕事は教科書ではないので、倫理が問われる現在の世の中でも、悪は悪として映せばいいと思っているんです」と語った玉木。こうしたノワール的な側面を持ちつつも、新木優子演じる香織とのピュアなラブストーリーの一面も持つ。

「この作品が公開され、どのような評価を受けるのか、とても楽しみです」と笑顔を見せると「これからもチャレンジする気持ちを忘れずに、常に意外性を発信できるような俳優でいたいです」と抱負を語ってくれた。

(取材・文・写真:磯部正和)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
『007/カジノ・ロワイヤル』シネオケ日本上陸!あのテーマ曲も生演奏で映画鑑賞
佐々木希、「大胆艶技」映画が“お蔵入り”でロケ地自治体まで甚大被害!
安室透 VS コナン!『名探偵コナン ゼロの執行人』メインヴィジュアル解禁!
国内のガレ・コレクション130点が集結『エミール・ガレ 自然の蒐集』ポーラ美術館にて開催
パンダを堪能しまくれる映画『PANDAS』が予告編だけでもカワイさダダ漏れ~!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加