野党「共謀罪」廃止法案を提出 希望の党は加わらず

野党「共謀罪」廃止法案を提出 希望の党は加わらず

  • テレ朝news
  • 更新日:2017/12/06
No image

動画を見る(元記事へ)

立憲民主党や無所属の会など野党は12日午前、いわゆる「共謀罪」の廃止法案を衆議院に提出しました。しかし、希望の党は共同提出に加わりませんでした。

立憲民主党は、今年6月に施行された「共謀罪」法について、「テロ対策の役に立たず、百害あって一利なしだ」として、廃止法案の提出を他の野党に呼び掛けていました。ただ、希望の党は「党内の議論が十分できていない」として、共同提出に応じませんでした。希望の党の議員の多くは民進党時代に共謀罪に反対していて、党内からは「筋が通らない」と不満の声も上がっています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

政治カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
新型護衛艦2隻導入へ 予算折衝で麻生大臣認可
北海道、JRに財政支援へ=国に協力要請-高橋知事
野党のふがいなさが国民を政治から遠ざける
次期通常国会、来年1月22日召集へ 政府・与党方針
安倍総理と米海軍トップが会談 同盟強化で一致
  • このエントリーをはてなブックマークに追加