インハイ8強の長崎総科大附が苦しみながらも延長V!「さらに上に行くために」努力して日本一に挑戦

インハイ8強の長崎総科大附が苦しみながらも延長V!「さらに上に行くために」努力して日本一に挑戦

  • ゲキサカ
  • 更新日:2017/11/13
No image

[11.12 選手権長崎県決勝 長崎総合科学大附高 2-1(延長)長崎日大高]

第96回全国高校サッカー選手権長崎県予選決勝が12日に行われ、長崎総合科学大附高が2年連続5回目の全国大会出場を決めた。長崎日大高と対戦した長崎総科大附は延長後半10分にDF田中純平主将(3年)が決めた決勝点によって2-1で勝利。全国大会ではインターハイの8強超え、日本一を目指す。

前日11日にV・ファーレン長崎がJ1昇格を決めたトランスコスモススタジアムで熱い戦いが繰り広げられた。インターハイ予選決勝と同カードとなった決勝戦は、キックオフから長崎総科大附のU-18日本代表FW安藤瑞季(3年)やFW荒木駿太(3年)が積極的に仕掛ける。そして3分、長崎総科大附はPAまで攻め込むと、最後はこぼれ球をFW中村聖鷹(3年)が左足のファインショットをゴール右隅に決めて先制した。

長崎総科大附はロングボールで相手を押し込むと、相手のクリアボールをMF武井佑介(3年)やMF別府尊至(3年)が回収。そして、また攻撃に繋げた。一方、グラウンダーでボールを繋ぎながら相手の背後を狙う長崎日大は、長崎総科大附の鋭いプレスとパワフルな攻撃の前に押し込まれたが、良い形でセカンドボールを拾った際などには相手の逆を取って前進し、連続でパスを繋いでPAに迫る。

長崎総科大附は注目の安藤が強引にPAへ割って入り、左足シュートを打ち込むなど存在感を見せるが、モンゴルで開催されたAFC U-19選手権予選(11月4日~8日)から帰国直後ということでコンディションが万全ではなく、持ち味の連続性が出ず、後半半ばを過ぎると運動量が低下。小嶺忠敏監督もチームに対して「イージーミスが多い」と指摘していたが、全体的に攻めきる前にボールを失うシーンも多く、2点目を奪うことができない。

逆に長崎日大は相手DF嶋中春児(3年)らに弾き返されながらも焦れずにボールを繋ぎ続けると、終盤に右FW高比良慶太(3年)と左FW吉川稜也(3年)の突破力も交えて長崎総科大附の守りを攻略していく。

24分、FW石見和偉(3年)のスルーパスから切り返しでDFをかわした高比良が左足シュート。これはGK湊大昂(3年)のビッグセーブに阻まれてしまったが、29分には左CKからCB渥美快人(3年)の放ったヘディングシュートが枠を捉える。そして34分、吉川のパスでDFラインの背後を突いた高比良が、切り返しから中央へ切れ込んだところで倒されてPK獲得。これを石見が右足で豪快に決めて同点に追いついた。

試合は1-1のまま延長戦へ突入。長崎日大は9分に吉川の放った右足シュートがクロスバーをかすめ、後半4分にこぼれ球を再び吉川が押し込もうとしたがシュートはポスト左へと外れた。対する長崎総科大附はサイドに起点をつくり、そこからの崩しやロングスロー、FKからゴールを狙うが、長崎日大も身体を張った守りで得点を許さない。

互いに譲らず、PK戦突入かと思われた延長後半10分、全国トップクラスのフィジカル面、ハードワークを持つ長崎総科大附がギリギリの戦いで決勝点を奪う。武井の右FKをファーサイドのFW柏木澪弥(2年)がコントロール。長崎日大のDFとGKが対応するが、交錯する形となってボールがこぼれる。これを後方で構えていた長崎総科大附の田中が豪快な右足シュートで決めて2-1。劇的ゴールによって勝利した長崎総科大附が全国進出を決めた。

今年、プリンスリーグ九州で2連覇へ向けて驀進中の長崎総科大附は2年連続の県内3冠達成。ライバルたちからターゲットにされる中で苦しみながらも勝ち抜いて掴んだ全国切符だ。小嶺監督は「毎年地区予選というのが一番。これを乗り越えて子どもたちも強くなる」と語り、安藤は「どこのチームも総附を倒すためにやっていると思いますし、自分が天狗になって『自分は上手いんだ』じゃなくて、自分たちもチャレンジャー精神で行かなければいけない。自分たちよりも上手い人もいっぱいいる中で自分たちに勝とうと目標にしてくれているのはありがたいことですし、そこで負けたら何も残らないので勝てたのは大きい」と頷いていた。

次は全国大会。「全国は横一線」(小峰監督)という中でインハイ8強を越え、03年度の国見高以来となる全国制覇を果たすことができるか。田中は「自分たちは技術的に特別優れているチームじゃない。でも、チームとしてまとまって戦えば、インターハイでベスト8まで行くことができた。ベスト8で全然満足はしていないですし、さらに上に行くためにこれからの期間で今日出た課題を修正していきたい」と引き締めた。

荒木が「自分たちの目標は全国制覇」と語り、中村も「一回一回勝って行って優勝したいです」と語るように目標は定まっている。それを達成するための力を全国大会までの1か月半の間に身につけ、長崎の注目校が大目標を達成する。

(取材・文 吉田太郎)▼関連リンク

●【特設】高校選手権2017

★日テレジータスで「高校選手権」地区大会決勝を全試合放送!11/20(月)14時~運命の「抽選会」を生中継!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
久保建英より先に17歳MFがデビュー。ヤングFC東京に希望はあるか
川崎Fの執念。失意のルヴァン杯決勝からの復活。奇跡への序章になることを信じて
湘南高山が重傷から8カ月ぶり先発「新鮮...幸せ」
湘南の山田、秋野、岡本、高橋に残留求める横断幕
千葉、昇格PO滑り込み!試合終了間際にCKから近藤Vヘッド
  • このエントリーをはてなブックマークに追加