九大、ASDは「神経結合の病」であると解明-早期診断・早期治療介入へ期待

九大、ASDは「神経結合の病」であると解明-早期診断・早期治療介入へ期待

  • マイナビニュース
  • 更新日:2017/11/13
No image

九州大学は、自閉症スペクトラム(ASD)の非定型的な視覚認知が、脳内ネットワークの神経結合の病気である機能的結合異常(コネクトパチー)に由来することを突き止めたと発表した。

同研究は、九州大学大学院医学研究院の山﨑貴男学術研究員と飛松省三教授らの研究グループによるもので、同研究成果は、11月8日に神経科学国際誌「Frontiers in Neuroscience」のオンライン速報版に掲載された。

ASDでは視覚情報に対して知覚過敏や知覚鈍麻がみられ、それらの知覚異常がASDの社会性障害の基礎である可能性が指摘されているが、2000年代になっても、その脳内メカニズムはほとんど分かっていなかった。同研究グループは誘発脳波(ある刺激に対する脳の特異的反応を捉える検査)や拡散テンソルMRI(神経線維の走行を捉える検査)を用いて、ASDの視覚認知に関する研究を10年継続的に行ってきていたという。

同研究チームは今回、これら一連の研究成果及び文献的考察から、ASDで生じている視覚ネットワーク異常に関する新しいモデルを発表し、ASDの病態は単一の脳領域の障害ではなく、複数の脳領域間の複雑な機能的・構造的な脳内ネットワークの障害が本質であることを示した。また、ASDは「神経結合(connect)の病気(-[o]pathy)」という意味である 「コネクトパチー」であるという新しい疾患概念を提唱した。

今後は、ASDが「コネクトパチー」であるという観点から、様々な非侵襲的脳機能計測法や数理学的解析法を用いて、ASDの病態解明をさらに進めていきたいと考えているという。視知覚異常はASDの診断基準にも採用されているが、客観的な指標は未だ確立しておらず、同研究をさらに発展させることで、ASDの早期診断バイオマーカーの開発、早期の治療介入にも貢献したいと考えているということだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「ポーカーで人間を打ち負かしたAI」が世界を変える、天体物理学を愛するポーカーのプロが語る可能性とは?
2機の衛星を異なる軌道へ投入せよ! - H-IIAロケットが挑む、未来への挑戦 (1) H-IIAロケットの「高度化」とは?
精子と卵子の受精は無作為に行われているのではない可能性を示す研究が登場
ありもしない架空の論文が、何百ものサイエンス系記事に引用されている
探し物が見つからない!物体を透明にする方法が発見される(イスラエル研究)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加