最新ランキングをチェックしよう
1900年に描かれた100年後の未来予想図。チョコレートのおまけに入っていた味わい深いイラスト絵(ドイツ)

1900年に描かれた100年後の未来予想図。チョコレートのおまけに入っていた味わい深いイラスト絵(ドイツ)

  • カラパイア
  • 更新日:2017/11/15

一粒で二度おいしいとはまさにこのこと。
 1900年に、ドイツのチョコレート製造会社 "Theodor Hildebrand & Sohn" が、キャンペーンの一環としてチョコレートの箱に封入していたのは、100年後の未来を描いたイラストカードである。
 チョコを食べた後もそのカードで100年後の未来が予想通りになっていたのかどうかを確認することができるのだ。5歳の時に食べていたら105歳

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【遺言でユーモア炸裂】亡き妻が夫に残した言葉「植木に水をやってね」に隠された衝撃の真実
北大教授が年収公開。その金額に意見まっぷたつ
『雪を食べてはいけない』は常識! 極地ではどうするのか冒険家に尋ねたら意外な答えが!? 「そんな非効率なことしない」
【驚愕】28年間砂糖を摂らない70歳お婆ちゃんが美しすぎる!見た目年齢20歳、生活スタイルは?
「砂糖は茶色の方が体に良い」派に激震? 「あさイチ」が示した「白」との差は...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加