冬の定番「みかん」でダイエット!みかんダイエットのやり方は?

冬の定番「みかん」でダイエット!みかんダイエットのやり方は?

  • 楽天レシピ
  • 更新日:2018/01/11
No image

【みかんダイエットとは?】

みかんダイエットとは、食前に1つみかんを食べるダイエット法です。1日3回みかんを食べるだけなので、だれでも始めやすく、手軽に始めることができます。

【正しいやり方は?】

みかんダイエットで大切なポイントは「食前に食べること」と「白い繊維を取らずに食べる」ということです。食前に食べることによって、食事の量を無理なく減らすことが一番のポイントです。また、みかんの内側の皮と白いスジのような繊維も一緒に食べることも大切です。この繊維をしっかり食べることで、食物繊維がおなかで膨らみ、食べすぎを防いだり、腸内環境を整えることができます。さらにみかんと一緒に水などノンカロリーの水分も取ると、よりよいでしょう。

【おすすめの理由は?】

みかん1つのカロリーは40kcal前後なので、低カロリーです。また、みかんに含まれる栄養素は、ダイエット中にもよい食材といえます。ペクチンにはコレステロールの吸収を抑制する働きがあります。また、抗酸化作用やコラーゲンの生成にも役立つビタミンCも多く含まれ、クエン酸には疲労回復なども期待できます。

【失敗例や注意点】

みかんダイエットでの注意点は、食べすぎを防ぐことがポイントになるので、食事の取りすぎには注意する必要があります。また、みかんに含まれる「カロテン」が、皮膚を黄色っぽくしてしまうこともあるので、皮膚の色が気になってきたら、1日2回に減らしたり、カロテンの多いものの摂取を控えた方がよいでしょう。ただし、皮膚が黄色くなっても健康上には問題ありません。
また、缶詰のみかんを食べたり、1食をみかんだけに置き換えることはやめましょう。

【おすすめの食べ方やレシピ】

みかんダイエットでは、そのままみかんを食べますが、紅茶やハーブティーに入れたり、スムージーに入れる、ヨーグルトに入れるなど、色々なアレンジができます。また、これからの寒い時期には、トースターや電子レンジで温めて食べるのもおすすめです。みかんを焼くことで、甘みが増し、よい香りがします。電子レンジで温める際には爆発の恐れがあるので、温めすぎには注意して、みかんの皮に穴をあけてから温めるようにしましょう。

(テキスト: 管理栄養士 岡田 あや)

飽きずにみかんを楽しむためのレシピ3選

No image

薄皮ごとみかんときな粉のヨーグルト
材料:温州みかんMサイズ、プレーンヨーグルト、きな粉、オリゴ糖シロップ
by もぐもぐばばち

No image

みかん紅茶
材料:ティパック、お湯、砂糖、みかん
by 梨ボー

No image

豆乳とバナナとみかんのスムージー☆
材料:豆乳、バナナを輪切りにする、みかんを小房に分ける
by ミニー7015

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

ビューティーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
そろそろヤバい!正月太りをリセットする方法
2018年のメンズ美容トレンドを大胆予測!キーワードは「小型化」「ニオイ」「頭皮」「オールインワン」
今月のカバーガールは石原さとみさん「髪を切って、メイクもファッションもガラリと変わりました」
《プチプラからデパコスまで》愛用リップ全部見せ♡【リップポーチ】始めました。
無印良品のリピ買いコスメといえばコレ!SNSで話題の4つのスキンケアグッズまとめ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加