藍 天を味方に好発進 有終Vへバーディーラッシュ!

藍 天を味方に好発進 有終Vへバーディーラッシュ!

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/09/16
No image

バーディーを奪い、声援に応える宮里藍(共同)

「米女子ゴルフ・エビアン選手権・第1日」(15日、エビアンリゾートGC=パー71)

現役最後の試合となる宮里藍(32)=サントリー=が5バーディー、2ボギーの68、3アンダーと好発進。14日の競技は悪天候のため途中で打ち切られて成績は全て抹消。15~17日の計54ホールに短縮された大会の再スタートで、上々のゴルフを披露した。上原彩子も7バーディー、4ボギーの68で回った。

現役最後の試合で悲願のメジャー制覇-。宮里藍の第1ラウンドは、そんなストーリーさえ期待させる盤石のプレーぶりだった。

激しい風雨の中、6ホールで3オーバーだった前日から一転、太陽がコースを照らすと、宮里藍のプレーも明らかによみがえった。インからの10番でいきなりグリーン手前から12ヤードを転がしてチップイン。11番は下りの8メートルを沈め、連続バーディーでスタートした。ショット、パットとも危なげがなく、勢いは止まらない。15番パー5は第3打をピン手前1・5メートルにつけた。

18番と折り返し後の1番を連続ボギーとしたが、3番でピン下2メートルを決めて快進撃を再開。7番は6メートルを真ん中からカップインさせ、5つ目のバーディーを奪った。第1Rのフェアウエーキープ率は71・13、合計25パットという数字が、安定ぶりを証明する。

プレー後は、最後の姿を見ようと押しかけたギャラリーと記念撮影、サインに気軽に応じた。「天気が違うとコースの見え方も違う。昨日の経験が生きました」と藍スマイル。「自分のゴルフができている。特にパットがしっかりストロークできている」と手応えがありそうだ。

一緒に回る予定だった仲良しのポーラ・クリーマー(米国)が手首痛で棄権。「心配。(棄権は)つらい決断だったと思うけれど、しっかり回復させてほしい」と気遣いをみせた。「第2Rは午後スタートで、グリーンが硬くなると思うが、今できることをしっかりやりたい」と気を引き締めた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

ゴルフカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
松山26位変わらず ドライバー乱調「また感覚が悪くなった」
片岡大育 涙の逆転V「自分の感覚殺して結果重視」絶不調から見事修正12アンダー
畑岡奈紗、藍にもらった助言胸に最年少2勝!「また米で戦う」/国内女子
松山英樹26位もポイントランクは自己最高8位
  • このエントリーをはてなブックマークに追加