メンバー手薄な京成杯。ならば大物感ある1勝馬デルタバローズの出番

メンバー手薄な京成杯。ならば大物感ある1勝馬デルタバローズの出番

  • Sportiva
  • 更新日:2018/01/13

ダービージョッキー
大西直宏が読む「3連単のヒモ穴」

東西の金杯を含めた正月の3日間開催が終了し、今週からは通常開催となります。中山では、クラシック第1弾の皐月賞と同じ舞台で、京成杯(1月14日/中山・芝2000m)が行なわれます。

東京、京都といった広々としたコースが舞台となる日本ダービーや菊花賞と比べて、皐月賞は中山・芝2000mという非常にトリッキーなコースで行なわれます。そういう意味では、三冠の中でも勝つのが最も難しい舞台と言えます。

ゆえに、そのトリッキーなコースを皐月賞の前に経験させておきたいと思う陣営は多く、同じ舞台で行なわれる京成杯には、例年関西からも有力馬がこぞって参戦してきます。

しかし今年は、GIに昇格したホープフルSが同じ中山・芝2000mを舞台として、昨年末に開催されたばかり。そうした状況にあって、関西馬の参戦自体が少なく、出走に踏み切った面々にしても「はたして”皐月賞を狙っている”と言えるのか?」と疑問に思うレベルで、やや格落ちのメンバー構成となりました。

関西馬に限らず、関東馬も今年は実績のある馬の参戦が乏しいです。実績があれば、暮れのGIに使っていたでしょうからね。無理からぬことです。

そんなメンバー構成の中で最も注目されるのは、ジェネラーレウーノ(牡3歳)でしょう。同じ中山・芝2000mで行なわれた葉牡丹賞(12月2日)で2勝目を挙げて、ここまで3戦2勝、3着1回。負けた新馬戦でも1番人気に推されたほどの存在ですし、その素質の高さがそのまま評価されると思います。

前述のとおり、このトリッキーなコースを実際に経験し、しかも勝っているというのは、大きな強み。今回の出走馬の中で、2勝以上している馬も同馬を含めて3頭しかおらず、ここでは断然の実績と言えるでしょう。

加えて、前走で破ったシャルドネゴールドが次走で500万条件を難なくクリアしました。また、鞍上も中山を得意とする田辺裕信騎手となれば、有力視されるのも当然でしょう。

ただ、楽観視はできないと思っています。というのは、ジェネラーレウーノがこれまでの3戦で見せてきた口向きや走りのフォームから、少し気難しい面があるようにうかがえたからです。

実際、今回のレースではチークピーシズを着けるようですね。どうやら、気性面で課題があるのは間違いないようです。

無論、その馬具を装着することがプラスに働けば、再びあっさり勝つ可能性はあります。しかし、逆に難しさを出すようなら、馬群に沈んでしまうシーンも想像できます。

おそらく、今回は1番人気に推されるでしょうが、人気と同等の評価はしにくいですね。裏を返せば、能力は高いので人気がなければ面白い存在です。理想はここを凡走して、次走以降で人気を落としてくれるとうれしいですね。

人気とのバランスで考えるなら、未勝利戦を勝ったばかりですが、コズミックフォース(牡3歳)のほうに食指が動きます。

昨秋の新馬戦では位置取りの差で3着に屈しましたが、上がりタイムはメンバー最速の33秒2をマーク。切れのある脚を繰り出して、素質の高さの一端を見せました。

そして、注目していた2戦目。単勝1.7倍という圧倒的な支持を得るなか、道中は好位の内を追走し直線を迎えました。そこで、外に出せずに苦しい競馬を強いられ、「これはダメかな……」と思ったのですが、最内の狭いところを突いて見事な勝利を飾ったのです。

コースロスのない競馬ではあったものの、わずか2戦のキャリアでラチ沿いの狭いところを抜けてきた勝負根性は評価できます。

また、その走りは今回の舞台、トリッキーな中山コースで大きな武器になると思います。まして、ジョッキーの心理として「この馬は馬込みでも大丈夫」とわかったうえで騎乗できるのは大きなメリット。コース取りの取捨選択の際に迷う必要がなく、最善策を選択できますからね。

その鞍上は、戸崎圭太騎手が務めます。今回が初騎乗となりますが、すでに8勝を挙げた先週の活躍を見てもわかるとおり、今最も乗れているジョッキーです。この馬のレースビデオは見ているでしょうし、厩舎からも馬のクセなどを聞いているはずですから、理想の競馬ができると思いますよ。

気性面でも不安はないと思いますし、コズミックフォースがあっさり、というシーンがあってもおかしくないでしょう。

さて、今回の「ヒモ穴馬」ですが、デルタバローズ(牡3歳)を取り上げたいと思います。まだキャリア1戦ですが、そのデビュー戦の走りから、かなりの素質を感じることができました。

No image

新馬戦を快勝し、すかさず重賞に挑むデルタバローズ

その初陣は、昨年10月の新馬戦(10月21日/東京・芝1600m)でした。その時期は雨が続いていて、この一戦も重馬場で行なわれました。

緩い馬場でのレースというのは、キックバック(蹴り返し)が多く、脚を滑らせて気を使う場面も多々あります。初めてのレースとなる新馬にとっては、非常にタフな競馬を強いられます。

そうした状況の中、デルタバローズは好スタートから先手を取って、道中はキックバックを受けない外目の2番手を追走。直線でも外目から早めに先頭に立ち、比較的楽な競馬で勝つことができました。それが実現できたのも、能力の高さと操縦性のよさがあるからでしょう。

今回の京成杯では、新馬戦よりも距離が2ハロン延びるうえ、トリッキーな中山コースへの対応と、課題はたくさんあります。それでも、すべての課題を一発でクリアしてしまいそうな、不思議な雰囲気を同馬からは感じます。

血統的な面や馬格などからはマイラーに見えるものの、そういう枠には収まらない大物感を漂わせているのです。非常に楽しみな1頭と言えます。

大西直宏オフィシャルブログ>

大西直宏公式LINE@始めました。

元騎手の視点で馬券のヒントになる情報をお届け!

友だち追加で「@0024n」を検索!

下のQRコードを読み取って頂くことでも見られます。

◆日経新春杯は、初夢みたいな穴馬3等が今度こそ「お年玉」を運んでくる>>

■競馬 記事一覧>>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
「関東連合」元幹部、“AV女優と交際”で恐喝未遂か
Iカップ菜乃花 胸元ザックリのハイレグ水着で悩殺
百田尚樹「(沖縄・米軍ヘリ機材落下は)全部嘘」、記者に「娘さんは中国人の慰み者」
「主演は早かった」「フジが悪い」1ケタ低迷で打ち切り! “大爆死ドラマ”主演俳優3人のその後
「私の腕より足細い」 比嘉愛未、驚異的細さの美脚披露にどよめきの声続出
  • このエントリーをはてなブックマークに追加