JAL、香港国際空港の空港管制システム改修の影響なし 通常運航

JAL、香港国際空港の空港管制システム改修の影響なし 通常運航

  • Traicy
  • 更新日:2016/10/20
No image

日本航空(JAL)は、香港国際空港の空港管制システム改修に伴う離着陸制限の影響はなく、通常運航を継続する。

JALは、東京/羽田・東京/成田〜香港線を1日1便運航。キャセイパシフィック航空が運航する共同運航(コードシェア)便も1日最大18便運航している。

全日空(ANA)は10月30日から11月26日までの一部の日、東京/成田・名古屋/中部〜香港線を欠航することを発表しており、影響は計56便に及んでいる。

■関連記事

ANA、香港国際空港の空港管制システム改修の影響で56便を欠航 10月から11月に

詳細はこちら

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ランクル・バー & クラリティ・ツリー...東京京橋の新スポットでイベント
アイドルオタク、調査結果にブチ切れ 「年8万円消費」で済むわけないだろ!
【CES 17】米ファラデー、テスラ対抗EVはミラーレスに
国の借金1062兆円 「国民1人当たり837万円」の誤解
簡単に車中泊が楽しめるホンダ『フリード+』の遊び方
  • このエントリーをはてなブックマークに追加