富士大 コールド負けで5年ぶり4強ならず「ただただ、力負けでした」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/11/12

◇明治神宮大会 大学の部準々決勝 富士大1―9東洋大(2017年11月12日 神宮)

富士大は東洋大のパワーに屈して大量9失点。7回コールド負けで5年ぶりのベスト4入りを逃した。

先発登板した鈴木翔は「調子は良くて、直球も走っていた」と振り返ったものの、初回2死二塁で5番・原沢に詰まりながらも中前に運ばれるなど、3回で4失点。今秋の北東北大学リーグで完全試合を達成した左腕は「ただただ、力負けでした。東北なら空振りを取れる直球を打たれた」と唇をかんだ。来年はドラフト候補の呼び声も高い3年生。「もう一回り大きくなって、また大舞台で投げたい」とリベンジと成長を誓った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
日本ハム4選手の新パフォーマンス決定!? 36歳田中賢は「いらないだろ!」
移籍先が決まった戦力外・自由契約組
日本ハム田中賢に“ドSキャラ”降臨、有原&鍵谷に辛口インタビュー敢行
どん底味わった2人の男、最下位ロッテに加入 新風吹かせるか
阪神青柳「自立しないと」退寮→人生初1人暮らしへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加