シュツットガルト主将、あごの上部など骨折 独紙

シュツットガルト主将、あごの上部など骨折 独紙

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/09/17
No image

シュツットガルトMFゲントナー、右はFW浅野拓磨(2017年2月18日撮影)

シュツットガルトのキャプテンであるMFクリスティアン・ゲントナーが16日のウォルフスブルク戦で顔に重傷を負った。17日の独紙ビルトによると、後半40分にセンタリングをクリアしようとしたGKカステールスのひざが顔を直撃してしまった。意識を失い、そのままグラウンドに倒れこみ、口と鼻から出血があった。

シュツットガルトは「精密検査によると、ゲントナーは目の下と横、鼻、そしてあごの上部に骨折」と発表。GKカステールスは「ボールに向かって飛び出した。残念ながらサッカーで起こってしまうことだった」と振り返った。

主審のビンクマンは最初気づかずにそのままプレーを続行させていたが、カステールスが手を回してチームドクターを招き寄せるジェスチャーをしていたことで異変に気付いた。

チームドクターのベストはすぐに駆け寄ると舌をのどから引っ張り出し、何分間も措置をした。首の固定器具を取り付けてストレッチャーに乗せ、そのまま病院へと転送された。

ハネス・ボルフ監督は「重度の脳振とうとおそらく何カ所か骨折したのだろう。でもドクターは、またちゃんと健康に戻れると話していた」と語った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「信じられないが事実だ」。本田を観戦に訪れた日本人ファンの行動にメキシコが驚嘆
メッシ、マークについた若手DFの健闘称える。「マンCから来たの? 何歳?」
「もう答は出た、オカザキがベストだ!」 レスター地元紙が巻き返しの最重要キーマンに指名!
長谷部の魂の“首ブロック”をブンデス公式特集 ファン称賛「SAMURAI」「ザ・ファイター」
岡崎慎司がまた決めた! リバプールを相手に身体を張った気迫の一撃!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加