東芝の代表執行役会長兼CEOに元三井住友銀行副頭取の車谷氏

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2018/02/15

東芝は、2018年2月14日、三井住友銀行で副頭取などを務めた車谷暢昭氏を代表執行役会長に選任する人事を発表した。4月1日付。現代表執行役社長の綱川智氏も現職に再任する。加えて、車谷氏はCEO(最高経営責任者)、綱川氏はCOO(最高執行責任者)とし、経営にあたることも発表した。

今回の人事について東芝は、これまで以上に外部の知見や視座を取り入れる必要性があるという判断から、東芝グループ外からの人選になったとしている。

車谷氏は1957年12月23日生まれの60歳。東京大学経済学部を卒業後、三井銀行(現在の三井住友銀行)に入行。同行で常務執行役員や副頭取を務め、2017年5月には資産運用に携わるシーヴィーシー・アジア・パシフィック・ジャパンの会長に就いていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
BTC、11000ドル台で堅調、韓国規制当局の規制強化への脅威が後退【フィスコ・ビットコインニュース】
三越伊勢丹、ブランド力過信し成長停滞...前年比4割減益で赤字転落寸前
あきらめるのはまだ早い!「医療費控除」は10万円以下でもOK
東京の人口集積度、インド・デリー以上で世界ダントツに...転入超過に歯止めかからず
「月10万円生活」? 安いといわれる地方移住後の生活費、思わぬ出費に要注意
  • このエントリーをはてなブックマークに追加