最新ランキングをチェックしよう
マングローブの木から着想を得た水質汚染を軽減する海洋保全タイル。自動車メーカーのボルボが開発。

マングローブの木から着想を得た水質汚染を軽減する海洋保全タイル。自動車メーカーのボルボが開発。

  • カラパイア
  • 更新日:2019/02/18

深刻化する海洋汚染はグローバルな環境問題の一つだが、自動車メーカーのボルボがオーストラリアの港に設置した特殊なタイルが話題になっている。
 このタイルはマングローブの根をモデルにデザインされたもので、人工的な造成が進む海岸の水を浄化して、生物の多様性を導く効果が期待されている。
 植物と海洋生物をヒントに豊かな海を取り戻す試みがこちらだ。
【他の記事を見る】そして日本も...8か国の人の便からマイ

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
フォローしたユーザーのコメントが、あなたのタイムラインに。大人の掲示板『東カレサロン』が更に充実
日本酒の超未来的な楽しみだコレ!日本酒をホログラム映像と音声で楽しむ酒器「HOLO酔い升」が誕生!
HRJ、ブルーライトの除菌と脱臭でフィルターを不要にした超軽量小型空気清浄機を発売
最近、クルマのタイヤの“ある変化”に気づいてますか?
「03」が使える音声通話サービス「UniTalk」をマイクロソフトとソフトバンクが提供
  • このエントリーをはてなブックマークに追加