最新ランキングをチェックしよう
マングローブの木から着想を得た水質汚染を軽減する海洋保全タイル。自動車メーカーのボルボが開発。

マングローブの木から着想を得た水質汚染を軽減する海洋保全タイル。自動車メーカーのボルボが開発。

  • カラパイア
  • 更新日:2019/02/18

深刻化する海洋汚染はグローバルな環境問題の一つだが、自動車メーカーのボルボがオーストラリアの港に設置した特殊なタイルが話題になっている。
 このタイルはマングローブの根をモデルにデザインされたもので、人工的な造成が進む海岸の水を浄化して、生物の多様性を導く効果が期待されている。
 植物と海洋生物をヒントに豊かな海を取り戻す試みがこちらだ。
【他の記事を見る】そして日本も...8か国の人の便からマイ

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
平成、終われません!  改元で「ひとりシステム担当者」が見る地獄
これは劣化だよ......Googleマップの激変で迷子になるのは避けられない非常事態
ドラえもんも仰天!? 空飛ぶクルマはもはや「ここまでリアル」だ
一見普通のメガネスに見えるスマートグラス、ファーウェイが開発中
スマホの電池の減りが早いのは裏でひそかに詐欺広告が動画を再生させているせいかもしれない
  • このエントリーをはてなブックマークに追加