【報ステ】地球の歴史に...千葉の時代『チバニアン』

【報ステ】地球の歴史に...千葉の時代『チバニアン』

  • テレ朝news
  • 更新日:2017/11/14
No image

動画を見る(元記事へ)

国立極地研究所などは、千葉県市原市の地層をその時代を代表する地層として認定されるよう国際学会に申請している。地球は大きな磁石で、今はN極が北、S極は南を指しているが、このN極とS極は過去に何度もひっくり返っている。最近逆転したとされるのが約77万年前で、それを示す地層が市原市に残っていた。申請が認定されればラテン語で「千葉の時代」を意味する「チバニアン」と名付けられる見通しだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
長女虐待の疑いで逮捕された母の、悲痛な叫び
<大阪堺市>通せんぼおじさん「俺の土地じゃ!」で再逮捕
「パンチラ撮らせて!」真っ昼間から女子生徒にムチャぶり 品川
有名大学が大幅値上げラッシュ! 大学初年度給付金ランキング
滋賀県、ブーム到来の謎...なぜ観光客激増?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加