吉本の芸人がお笑いを通じて国連「SDGs」紹介

吉本の芸人がお笑いを通じて国連「SDGs」紹介

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/10/13
No image

左からかまいたち浜家隆一、山内健司、トレンディエンジャルたかし、斎藤司、国連広報センター長の根本かおる氏、川畑泰史、すっちー、酒井藍(撮影・松浦隆司)

吉本興業と国連が異色のタッグを組み、世界が抱える課題の解決に取り組むイベントが12日、京都国際映画祭(14日まで)を開催中の京都・よしもと祇園花月で開催された。

人類と地球の繁栄のために国連で採択された「持続可能な開発目標 SDGs(エスディージーズ)」。まだなじみの薄い言葉だが、その言葉の普及に吉本興業がお笑いを通じて分かりやすく紹介する「SDGs花月」を展開した。

「SDGs花月」は2部構成で、2部の吉本新喜劇では「貧困をなくそう」「飢餓をゼロに」など17の開発目標を盛り込み、上演された。吉本新喜劇の前には、かまいたち、トレンディエンジェルら人気芸人が17の開発目標を盛り込んだネタを披露し、優勝者を決定する「SDGs-1グランプリ」を開催した。

終演後の取材会では国連広報センター長の根本かおる氏が「コメディーの中にSDGsを盛り込んでいるのは吉本興業の事例が新しい試み。コメディーは国境を越えられるので(世界でも)話題になっています」と高評価をした。米ニューヨークなどの海外公演について「実現できれば、我々日本人の国連職員もうれしい」と話した。

吉本新喜劇座長の川畑泰史(51)は「いつでも英語でできる準備ができている。なんやったらきょうのお芝居も英語で」と胸を張ると、周囲から「Are you ready?(準備はできているのか?)」と聞かれると、川畑は「………」。数秒後に「イエッ」とつまりながら応えると、周囲は笑いに包まれた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
叶美香、大反響だった“ハンコック”のコスプレ姿を追加公開「くびれも完璧」「リアルを超えたリアル」の声
「とにかく気持ち悪い」有村架純主演『中学聖日記』に大批判の嵐!
「中学聖日記」有村架純の相手役“異例の新人”岡田健史にハマる視聴者続出 元高校球児に「カッコ良すぎる」「全国の年上女子が胸キュン」の声<プロフィール>
『欅坂46』今泉佑唯が「半ケツ写真集」に込めた“最後の抵抗”とは
石田ゆり子が“大開脚秘部見え写真”を公開!こんなに大胆でいいの!?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加