桐木憲一「金沢シャッターガール」発売、悩める女子高生がカメラ片手に自分探し

桐木憲一「金沢シャッターガール」発売、悩める女子高生がカメラ片手に自分探し

  • ナタリー
  • 更新日:2018/01/11

桐木憲一「金沢シャッターガール」の単行本が、本日1月11日に竹書房より刊行された。

No image

「金沢シャッターガール」帯付き

すべての写真を見る(全2枚)

「金沢シャッターガール」は写真の勉強をしたいと考えているが、母からは看護学校に進むことを期待されている女子高生・夏目花菜が主役のヒューマンドラマ。ドイツから写真を撮るため金沢へとやってきた写真家・ユーリの手伝いをすることになった花菜が、カメラを片手に自分と向き合う姿を描く。金沢城、兼六園、茶屋街、尾山神社など、実在する名所も多数登場する。

なお2月3日には、金沢の現役高校生を中心キャストとした実写映画「金沢シャッターガール」が公開予定。監督は2013年公開の映画「東京シャッターガール」で手塚眞、コバヤシモトユキと共同監督を務めた寺内康太郎が務める。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
1月20日の注目映画第1位は『ジオストーム』
禁断のラブシーン!本編映像公開!『ルイの9番目の人生』
不気味の谷は過去のもの? 映画『ブレードランナー2049』に登場するレイチェルのVFX裏側
女優・のん「あまちゃん」からの4年半(前編)
津波で壊滅した南三陸町の今を映すドキュメンタリー「願いと揺らぎ」2月公開
  • このエントリーをはてなブックマークに追加