多部未華子、松坂桃李に「ずっと触らせてもらった」役作りでスキンシップ

多部未華子、松坂桃李に「ずっと触らせてもらった」役作りでスキンシップ

  • クランクイン!
  • 更新日:2022/05/13
No image

映画『流浪の月』初日舞台あいさつにて(左から)松坂桃李、多部未華子<画像をもっとみる>

女優の多部未華子が13日、都内で行われた映画『流浪の月』の初日舞台あいさつにダブル主演の広瀬すず松坂桃李、そして内田也哉子、李相日監督と共に登壇。役づくりの一環で松坂に「撮影の空き時間、セッティング中にずっと触らせていただいて…」とスキンシップがあったことを明かした。

【写真】多部未華子、松坂桃李らが登壇したイベントの様子

本作は、2020年本屋大賞を受賞し、同年の年間ベストセラー1位に輝いた凪良ゆうの同名小説を原作とするヒューマンドラマ。10歳のとき以来、誘拐事件の“被害者”というレッテルを貼られて生きてきた女性・家内更紗(広瀬)が、その事件の“加害者”としてのレッテルを貼られて生きてきた当時19歳の青年・佐伯文(松坂)と再会して生まれた出来事を描く。

松坂は、本作にために体重を落とし、激ヤセが一時話題になった。「情報解禁前で、(激ヤセの理由を)言うに言えなかった。『激ヤセで、何かあったのか!?』みたいなことを言われてましたけど、そのうち分かるだろうな、くらいな感覚で日々いました」と笑った。

劇中でそんな松坂演じる文に寄り添う女性・谷を演じた多部は「短いシーンのなかでどれだけキャラクターが出るかな、とすごく悩みながら現場にいたことを覚えています」と撮影時の悩みを述懐。

次いで「監督から『桃李君を触って』と言われて、撮影の空き時間、セッティング中にずっと触らせて頂いて…」と言いながら、「触らせてもらってって…!」と自身の発言にツッコミ。「(松坂が)本当に体重を減らして減らして臨んでいた。ウエストがぞっとするくらい細かった。本当に、(撮影スケジュールなど)その日に至るまで、いろんな思いで今ここに立っているんだな、という気持ちも、触りながら感じました。邪魔しちゃいけない、がんばらないといけない、という気持ちに思わせてくれるお人柄と体型でした(笑)」と述べ、会場の笑いを誘った。

それを聞いて松坂は「何度か共演させていただいたことによっての信頼関係にプラスして、今度は違う役柄を通してのつながりもある。そこはもう、今までやってきた積み重ねが助けになったのでは」と話してほほ笑んだ。

なお、イベントにはサプライズゲストとして、共演者で子役の増田光桜も登場。広瀬と松坂に花束を贈呈した。

映画『流浪の月』は公開中。

クランクイン!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加