「時々オフサイドラインが曲がる」ダービーで殊勲弾を“消された”リバプール主将がVARに皮肉! クロップも思わず...

「時々オフサイドラインが曲がる」ダービーで殊勲弾を“消された”リバプール主将がVARに皮肉! クロップも思わず...

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2020/10/18
No image

試合後に審判団へ詰め寄ったヘンダーソン。ゴールを取り消されたリバプールの主将はやり切れない想いを口にした。 (C) Getty Images

白熱のダービーマッチの幕切れが物議を醸している。

現地時間10月17日に開催されたプレミアリーグ第5節で、敵地グディソン・パークで、宿敵エバートンとの「マージーサイド・ダービー」に臨んだリバプールは、2度もリードを奪いながら追いつかれて、2-2で引き分けた。

前半に負傷で二人が交代したうえに、90分にはエバートンのリシャルリソンが退場となるなど、荒れた展開となった試合で最も問題となっているのは、終了間際にリバプール側に訪れた決定機である。

後半アディショナルタイム1分だった。左サイドでボールを受けたサディオ・マネがエリア内にクロス。これを走り込んできていたジョーダン・ヘンダーソンが豪快に蹴り込んでゴールネットを揺らす――。だが、マネがボールを受けた際に、右腕がわずかにオフサイドラインからはみ出ていたとして、VAR判定の末に得点が取り消されてしまったのだ。

リプレー映像で確認してもかなり際どい判定であったため、結果を左右したジャッジは波紋を広げている。

何よりもやり切れない想いを口にしたのは、値千金のゴールを取り消されたヘンダーソンだ。試合後、英メディア『BT Sport』のフラッシュインタビューで、皮肉交じりのコメントを残している。

「VAR判定でオフサイド判定が取られる時は、時々オフサイドラインが曲がるんだ。ちょっと信じられないかもしれないけどね。まぁとにかく勝てなかったのは残念だよ。今日は僕らの方が勝ちに値していたと思うし、エバートンは引き分けられて幸せに思っていると思う」

ユルゲン・クロップ監督も「ヘンダーソンのシーンはゴールだった」と曇った表情で強調している。

「少なくとも私にはオフサイドには見えなかった。申し訳ないがね。これから誰かがオフサイドになった理由を説明してくれるだろうが、私が見た映像や写真ではオフサイドには全く見えなかったね。しかし、誰かが『オフサイドだ』と決めたのだからそうなんだろう」

試合後、マッチコミッショナーに対して、VARの使用した理由の説明を求めたリバプール。だが、勝点2が返ってくるはずもなく、レッズ側の不満が解消されることはないだろう。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加