田中希実1500m4分10秒41で貫禄の大会新V「ラスト上がらない」2日後の5000mに照準/全日本実業団

田中希実1500m4分10秒41で貫禄の大会新V「ラスト上がらない」2日後の5000mに照準/全日本実業団

  • 月陸Online
  • 更新日:2022/09/28
No image

◇第70回全日本実業団対抗選手権(9月23~25日/岐阜・長良川)1日目

全日本実業団対抗選手権1日目に行われた女子1500m(2組タイムレース決勝)の2組に、日本記録保持者の田中希実(豊田自動織機)が出場。4分10秒41の大会新記録で貫禄勝ちを収めた。

800mを2分15秒でトップ集団が通過するなか、田中は5、6番手を追走。「いつものようなレースではなくうまく(流れに)乗ってから自分のものにする」というプランだった。ただ、極端なスローでもなく、超ハイペースでもない中で「戸惑いや焦りもあって自分を制御しきれなかったです」と振り返る。

それでもラスト1周の鐘を合図にロングスパート。食い下がるマーガレット・アキドル(コモディイイダ)を抑えた。しかし、「ラストは思ったより上がらなかった」とやや課題の残るレースとなったようだった。

以前からクラブチームで活動していたものの、この春に同志社大を卒業してから『実業団1年目』で勝ちきったことに笑顔も見せたがタイムには「ヘレン(エカラレ)に負けた中部実業団のほうが大会記録(4分09秒76)はレベルが高いので」と浮かない表情。ただ、今回は荒天も予想されていただけに、「記録を狙うというよりは2日後(5000m)に向けて」という位置づけだったという。

800m、1500m、5000mに出場したオレゴン世界選手権では「何も結果を残せなかった」と悔しい結果に。その後は「練習は積めている」ものの、「気持ちがハマったというレースがなくてストレスもあります」と吐露する。自分の力を発揮できないモヤモヤを抱えながら、それでも欧米を転戦して気持ちやや上向き傾向にある。「自分で乗り越えていかないといけないもの」と捉える田中。心が晴れたレースと「出合える」瞬間まで、脚を止めるつもりはない。

2日後には5000mに出場予定。「海外勢の多いレースになるので伸び伸び走って、世界選手権のようなチャレンジをもう一度できると思って走りたい」と気持ちを切り替えていた。

◇廣中璃梨佳も1500m出場4分23秒34

女子5000mと10000mの東京五輪・オレゴン世界選手権代表で、5000m日本記録保持者の廣中は1500mに出場。4分23秒34で全体18位だった。

「練習の一環として」1500mや3000mなど連戦している廣中。「疲労もあって途中から脚が動かずに腕だけで動かしていました」と言う。その中でも「4分20秒を切りたかった」と課題を見つけた様子。試合を練習代わりにする「新しいチャレンジ」に取り組んでおり、距離を踏みつつスピード強化も図っている。

「5000mや10000mで世界で戦うために」と廣中。連戦で見つかった課題を修正し、次の5000mはブダペスト世界選手権の参加標準記録(14分57秒00)に向けて「合わせていきたい」と見据えていた。

月陸編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加