NPBアワーズ 西武・高木ファーム本塁打王「打撃フォームを変えたことが大きい」

NPBアワーズ 西武・高木ファーム本塁打王「打撃フォームを変えたことが大きい」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2022/11/26

NPBアワーズのファーム表彰式で、イース・タンリーグ本塁打王の西武・高木渉外野手(22)が表彰を受けた。高木は1軍では13試合の出場で打率・111ながら、2軍では69試合で15本塁打をマークして打率も・274と来季の飛躍につなげる。

No image

西武・高木

「打撃フォームを変えたことが大きい。コロナに感染したときに自宅で何もできなくて、スイングのチェックをして参考にした」と言うのがロッテのマーティンだった。肩の後方でバットを大きく揺らしながらタイミングを取り、最短距離で振り抜く豪快な打撃フォーム。「今までのスイングの軌道と違ってバットが入った。スイング自体良くなった。1軍の球場の雰囲気に飲み込まれることが多かったので、メンタル面も重要になってくる」と語り、来季1軍での活躍を誓った。

今秋は本職の外野だけでなく、一塁守備にも挑戦している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加