Rマドリード、再び移籍金なしでBミュンヘンのゴレツカ獲得を熱望と独紙

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/07/22

バイエルン・ミュンヘンとの契約が満了となったオーストリア代表DFダビド・アラバを獲得したばかりのレアル・マドリードが、再び移籍金なしでバイエルン・ミュンヘンの選手を狙っている。

独ビルト紙によると、21-22年シーズン終了後にBミュンヘンとの契約が満了となるドイツ代表MFレオン・ゴレツカ(26)の獲得を熱望するRマドリードがすでに同MFの代理人に連絡を取ったという。

Bミュンヘンはゴレツカに契約延長のオファーを出したが断られたとみられ、今季終了後に退団となる可能性も徐々に高まってきた。ただRマドリード以外にもマンチェスター・ユナイテッドもゴレツカを狙っており、Rマドリードが簡単に獲得できる状況ではないという。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加