<速報>ジュノン・スーパーボーイ、グランプリ決定  北海道出身14歳の前川佑さん

<速報>ジュノン・スーパーボーイ、グランプリ決定 北海道出身14歳の前川佑さん

  • モデルプレス
  • 更新日:2020/11/23

【モデルプレス=2020/11/22】22日、雑誌「JUNON」主催の「第33回 ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」最終選考会が都内で開催され、グランプリが決定。北海道出身の14歳・前川佑(まえかわ・たすく)さんが、グランプリに輝いた。

No image

(写真 : 「第33回 ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」グランプリの前川佑さん (C)モデルプレス)

【写真】「第33回 ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」グランプリ・前川佑さん、14歳で身長179cmの抜群スタイル

◆北海道出身14歳の前川佑さんがグランプリ

1次審査の自由パフォーマンスではギター弾き語りでDISH//の「猫」を歌唱。堂々とした大人っぽい立ち居振る舞いに司会のずん飯尾和樹が「14歳」と明かすと会場からは驚きの声が。「良い歌歌いますね」と声をかけられると「自分でもそう思います」と胸を張り、「飯尾さんにもこんな感じで最高の演奏を聴かせられたんで」と自信たっぷりに話すなど、肝の座った受け答えで圧倒。

ゲスト審査員のゆきぽよからは「表情から醸し出すオーラとか出す歌声全部が色っぽい。トークも14歳とは思えないほど堂々とされていてどこに行っても通用するんじゃないかな」と絶賛された。

笹沼彩子審査員長(「JUNON」編集長)は、「皆さん見ての通りものすごい舞台度胸」とグランプリに決めた理由を語った。

第32回グランプリの渡邉多緒からトロフィーを受け取り、「グランプリおめでとうございます。これから忙しくなっていくと思うんですけど、一緒に頑張っていきましょう!」と声をかけられると、「頑張りましょう!」と応じて会場を盛り上げた前川さん。

まず、「ここまで応援してくれた皆様に感謝したいです」と感謝の言葉を述べると、「一緒に戦ってくれた仲間も雰囲気作りとかめっちゃやりやすくて良い出会いができたなと思ってます。結構自信はあったんですけど『グランプリとれるのかな』と一瞬不安になってしまうくらい皆本当にカッコよくてすごい良い出会いができたと思います」とともに闘ってきたファイナリストに向けて熱いメッセージを送った。

準グランプリは北海道出身・東京都在住出身の青山凌大(あおやま・りょうた)さん。1次ではRADWIMPSの「そっけない」をギターで弾き語り、美声を響かせた。

フォトジェニック賞はドラム&ボーカルで「猫」を歌唱した千葉県出身の関隼汰(せき・はやた)さん。

審査員特別賞には、サッカーのリフティングパファーマンスで沸かせた京都府出身の伊藤佑晟(いとう・ゆうせい)さんが見事に選ばれた。

◆「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」

「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」は1988年にスタートし、今年で33回目を迎える、株式会社主婦と生活社主催のボーイズオーディション。12~22歳のハンサムボーイで、芸能事務所・モデル事務所・レコード会社に所属していない男の子を対象に、書類審査・地方予選・人気投票を経てファイナリスト、そしてグランプリが決定する。これまで武田真治・小池徹平・三浦翔平・菅田将暉ら、新たな逸材を発掘し続ける、国民的ボーイズコンテストである。

第33回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストは、17,158人の応募者の中から、第1次審査を経てBEST1000が決定。本来であれば6都市7会場で開催予定であった地方予選(集団面接)の形を史上初となる「オンライン選考」での第2次審査とし、150人が選出。その後、6月~9月に行われた第3次審査(人気投票)を経て、ファイナリストが決定。およそ半年にわたる戦いを勝ち抜いたBEST10に敗者復活者5名を合わせた14名(1名辞退)がファイナリストとして最終選考会に挑んだ。

今年はコロナ禍の影響を鑑み、一般観覧はなしで、「読者リモート審査員」の制度を導入。審査員長・ゲスト審査員・協賛者審査員・芸能事務所関係者・リモート審査員の採点でグランプリと準グランプリを決定。自由パフォーマンスや告白審査で自身をアピールした。審査基準は「JUNON」にふさわしい“さわやかなハンサムボーイ”であることと、「容姿」「ファッションセンス」「個性」「タレント性」「将来性」の5項目。最終選考会前に行われた人気投票で読者投票1位となった候補者に与えられるフォトジェニック賞とともに表彰となった。

MCはずん飯尾和樹、ゲスト審査員は第19回グランプリの溝端淳平、ゆきぽよが務めた。(modelpress編集部)

◆「第33回 ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」

司会:ずん飯尾和樹

審査員:溝端淳平(第19回グランプリ)、ゆきぽよ、協賛各社審査員、芸能事務所の方々

審査員長:笹沼彩子(「JUNON」編集長)

◆ファイナリスト一覧

1.関隼汰(せき・はやた)千葉県出身/21歳/大3/174cm/58kg/?型

2.伊藤佑晟(いとう・ゆうせい)京都府出身/14歳/中3/176cm/60kg/A型

3.金井丈留(かない・たける)群馬県出身/19歳/大1/171cm/54kg/B型

4.永山大智(ながやま・だいち)静岡県出身/20歳/会社員/166cm/53kg/A型

5.青山凌大(あおやま・りょうた)北海道出身・東京都在住/19歳/大1/175cm/54kg/A型

6.佐藤一輝(さとう・かずき)宮城県出身・東京都在住/21歳/大3/181cm/66kg/O型

8.菅原真生(すがはら・まお)福島県出身・東京都在住/19歳/大1/170cm/55kg/B型

9.山下幸輝(やました・こうき)大阪府出身/19歳/ダンサー/168cm/58kg/B型

10.北村一貴(きたむら・いつき)岐阜県出身・愛知県在住/21歳/大3/185cm/63kg/A型

11.石原月斗(いしはら・ゆえと)大阪府出身/14歳/中3/154cm/40kg/O型

12.岡松聖那(おかまつ・せな)福岡県出身/18歳/高3/176cm/53kg/O型

13.岸本舜生(きしもと・しゅんき)兵庫県出身/21歳/大3/176cm/53kg/B型

14.柳谷参助(やなぎや・さんすけ)群馬県出身・千葉県在住/23歳/フリーター/172cm/62kg/A型

15.前川佑(まえかわ・たすく)北海道出身/14歳/中3/179cm/67kg/A型

※7.朝倉穣さんが辞退

◆「第33回 ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」結果一覧

グランプリ:前川佑

準グランプリ:青山凌大

審査員特別賞:伊藤佑晟

フォトジェニック賞:関隼汰

明色美顔ボーイ賞:金井丈留

ミュゼボーイ賞:北村一貴

【Not Sponsored 記事】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加