西武がベルーナDで試合後 国内最大規模「ドームプラネタリウム」開催 オーロラ、流れ星...選手も登場

西武がベルーナDで試合後 国内最大規模「ドームプラネタリウム」開催 オーロラ、流れ星...選手も登場

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2022/08/07

◇パ・リーグ 西武1―2ロッテ(2022年8月6日 ベルーナD)

No image

<西・ロ>試合後にドームプラネタリウムが行われた(撮影・久冨木 修)

西武の本拠地ベルーナドームで試合後、国内最大規模の「ドームプラネタリウム」が開催された。天井に星空を映し出し、グラウンドに下りてきて寝そべったり、観客席から見ることができた同イベント。リーグ2連覇した19年にも開催されて以来3年ぶりだった。

前回開催時には表現できなかったオーロラや流れ星といった美しい情景も再現。今回は星座が映し出されるだけでなく、オリオン座と中村剛也内野手、ペガスス座と愛斗など、各星座の形などの特徴とそっくりな選手が映し出された。同イベントは7日、20日、21日の試合後にもそれぞれの演出で開催する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加