一度保護した上で...子ネコ捨てた女に「無責任」の声

一度保護した上で...子ネコ捨てた女に「無責任」の声

  • テレ朝news
  • 更新日:2021/10/14
No image

動画を見る(元記事へ)

福島県いわき市にある動物愛護団体の施設前で、12日に捨てられた子ネコ。その瞬間を記録した、防犯カメラの映像です。

12日午前5時ごろ、車から降りてきた女が箱を抱え、施設前に向かいます。その数秒後には、手に何も持っていない女が、足早に車へ戻っていきました。

NPO法人動物愛護団体LYSTA・鈴木理絵代表理事:「風邪症状があるし、痩せているし、快復まで時間がかかるという感じ」

段ボールには、子ネコを捨てたとみられる女からの手紙が貼り付けられていました。

段ボールに貼られた手紙:「里親さんを探すまで、家に置いておけないと思い、こちらに連れてきました」

「一度子ネコを保護したうえで捨てた」という記述が。

この行為に、施設の代表は…。

NPO法人動物愛護団体LYSTA・鈴木理絵代表理事:「最後の最後までというか、自分で何とかして命をつなごうという覚悟がないんだったら、保護するべきではないのではないかと思う。無責任以外の何物でもない」

(「グッド!モーニング」2021年10月14日放送分より)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加