阪神・矢野監督 痛恨の勝負手不発に「俺としてはいくべきところでいった」

阪神・矢野監督 痛恨の勝負手不発に「俺としてはいくべきところでいった」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/09/15
No image

9回、グラウンドをじっと見つめる矢野監督(撮影・田中太一)

「巨人6-3阪神」(15日、東京ドーム)

阪神の自力Vが消滅した。3-5の七回無死一、二塁からバスターエンドランを失敗。試合後、矢野監督はこの場面について「責任というか、オレ自身が受け止めているし、オレとしては、いくべきところでいったというところです」と振り返った。

阪神は3-5の七回無死一、二塁から梅野の2球目にバスターエンドランを敢行した。だが内角ボールゾーンのスライダーに梅野は空振り。二走・小幡はアウトとなり、好機をつぶしていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加