【速報】諫早市の国道で車100台が立ち往生...災害基本法に基づき対応へ

【速報】諫早市の国道で車100台が立ち往生...災害基本法に基づき対応へ

  • KTNテレビ長崎
  • 更新日:2023/01/25
No image

テレビ長崎

積雪や路面凍結の影響で、長崎県諫早市の国道207号線では、最大約100台の車が立ち往生となりました。

長崎県は、緊急車両の通行を確保するため、災害基本法に基づき「諫早市多良見町木床~多良見町舟津」で放置車両や立ち往生車両の移動などに乗り出すとしています。

県によると、25日午前10時時点で80台から100台が停まっていたということです。

県が車の所有者に連絡を取っていて、連絡がつかない場合、車を道路脇などに移動させるとしています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加