今年は若手!! 阪神・坂本新主将指令 アホになれるヤツ出てこ~い!! 昨季虎金メダル考案などチーム盛り上げに一役

今年は若手!! 阪神・坂本新主将指令 アホになれるヤツ出てこ~い!! 昨季虎金メダル考案などチーム盛り上げに一役

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2022/01/15
No image

打撃練習する阪神・坂本(阪神タイガース提供)

アホ、出てこい! 阪神・坂本誠志郎捕手(28)が14日、沖縄県内のグラウンドで自主トレを公開。オンライン取材に応じ、若手から盛り上げ隊長が出てくることを願った。新主将として臨む2022年シーズン。慌てず、騒がず、重心低くドシッと構えて正捕手の座を狙っていく。

南国・沖縄から新主将の指令だ。坂本が盛り上げ隊長を若虎に譲ることを宣言した。

「若いやつがどんどん出てきてほしい。僕も『ちゃんと野球やれ』と言われるので、プレーでも目立てるようにしっかりやりたい」

ちょうど1年前の自主トレ公開の際に「アホになってチームを盛り上げたい」と誓った。その言葉通り、昨季はタイガースメダルの作成、二保の移籍初勝利を祈願した七夕の短冊、佐藤輝への三振記録表彰状と、数々のアイデアでチームの雰囲気を明るくし、勢いをもたらしてきた。

ただ、これからは主将として先頭でチームを引っ張る立場だ。〝アホ卒業〟で盛り上げ役は若手に任せ、グラウンドでチームを鼓舞する。昨季は自己最多の45試合に出場。優勝争いまっただ中の終盤戦ではスタメンマスクをかぶる機会も多かった。梅野に次ぐ第2捕手から今年こそ、正捕手になってみせる。そのために、沖縄で取り組んでいることがある。

「まずは捕るという部分で重心を意識して、投げることにつなげるのが一番のテーマ。重心がどこにあるか感じて、投げるときにその重心をどう移すか。自分で言葉にしたり、理解した形で動くことが大事」

頭で理解した体の動きを実践するため、昨年末まではパワー系のトレーニングで土台を鍛え上げ、1月から体幹を含めたバランス重視のメニューに切り替えた。アホとはかけ離れ、理路整然と考え抜かれたプランニングだ。「どっちにもいい影響が出ると思っている」と、課題の打撃にも活路を見いだしている。

「もっといい意味で目立ちたい。新聞にも載りたいですし、頑張っているなと思ってもらえる人が増える結果を出したい。表紙を飾れるように頑張ります」

新主将は野球で目立つ。打って、守って、正捕手として1面をジャックする。(原田遼太郎)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加