ヤマハ MT-03、新排ガス規制に適合...カラー&グラフィックも変更

ヤマハ MT-03、新排ガス規制に適合...カラー&グラフィックも変更

  • レスポンス
  • 更新日:2023/01/28
No image

ヤマハ MT-03 ABS(グレー)

もっと画像を見る

ヤマハ発動機は、MTシリーズのエントリーモデル『MT-03 ABS』をマイナーチェンジし、2月24日に発売する。

ヤマハ YZF-R25、新色「パープル」登場...2023年モデル発売へ

MT-03は水冷直列2気筒320ccエンジンを搭載。シャープで躍動感あるスタイリングと軽快な走りを兼ね備え、『MT-25 ABS』とともにMTシリーズのエントリーモデルとして、若年層を中心に人気を集めている。

今回の変更では、エンジン性能を維持しながら、平成32年排出ガス規制に適合。加えて、機敏で滑らかなシフトアップ操作を支援するクイックシフターをMT-03として初めてアクセサリー設定している。

また、カラーリングとグラフィックも変更。グレーはホイールにシアンを採用し、次世代のMTシリーズを象徴する新たなトレンドを提案する。ブルーはフラッグシップモデル『YZF-R1』とのリレーションを図り、高いパフォーマンスを感じさせるカラーとした。マットダークグレーは、ダークトーンのローコントラストでシリアスにパフォーマンスを表現している。

価格は68万7500円。国内販売計画は年間1500台。製造はインドネシア工場で行う。

ヤマハ テネレ700、2023年モデル発売へ...カラーバリエーション変更

ハーレーの振動にも負けない超強力マグネット、タンク貼付式のスマホホルダー登場

SHOEI ネオテックII、マルク・マルケス選手とのコラボモデル登場

纐纈敏也@DAYS

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加