矢野監督「嫌な展開のところを勇輝が踏ん張って」西勇輝5回4失点の粘投

矢野監督「嫌な展開のところを勇輝が踏ん張って」西勇輝5回4失点の粘投

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/05/04
No image

ヤクルト対阪神 阪神先発の西勇(撮影・前田充)

<ヤクルト5-11阪神>◇4日◇神宮

阪神先発の西勇輝投手は5回6安打4失点と粘った。

スライダーを決め球に、3回まで被安打1と完璧な立ち上がり。しかし4回に先頭山田、村上の連続二塁打で1失点。5回は先頭の西浦にソロ本塁打を浴びた。なおも1死二塁から大山の悪送球で3点目を失い、続く山田に適時二塁打を浴びたが、後続を打ち取り大崩れはしなかった。

矢野監督も「序盤はね。ちょっとチャンスをつぶして、嫌な展開のところを、勇輝が踏ん張ってたからね」と振り返った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加