【西武】おかわり中村剛也がミスター長嶋茂雄氏超え通算445号 楽天滝中から記念の今季3号ソロ

【西武】おかわり中村剛也がミスター長嶋茂雄氏超え通算445号 楽天滝中から記念の今季3号ソロ

  • 日刊スポーツ(野球)
  • 更新日:2022/05/13
No image

歴代本塁打上位

<西武4-2楽天>◇13日◇ベルーナドーム

西武中村剛也内野手(38)が今季3号を放った。通算445号とし、長嶋茂雄氏を超えた。

2-2の6回裏2死走者なし。楽天滝中の101キロのスローカーブを捉えた。打球は左中間に飛び込む、勝ち越しソロになった。悠然とダイヤモンドを一周した。

7日には444号を放っていたが、これで国民的スーパースターの本数を抜き去った。

今季は「もう1度しっかりホームランを打てるようにしっかりやっていきたい」と繰り返していた。本塁打への意識を強め、原点回帰した。

ただ開幕から絶不調だった。4月までの成績は打率1割4分1厘、本塁打0。もともとスロースターターとはいえ、信じられない数字が並んでいた。現役最多のアーチを描いた生粋のホームランアーチストは苦しんいた。「普通の打撃ができるように」と思いながら、焦る気持ちを抑え、日々の練習を積み重ねてきた。

5月に入り、本来の迫力が戻ってきた。1発を放ったシーズンでは最遅の27試合目となる5日を皮切りに、これで5月は3発目となった。

本当に意識するのは史上9人目の大台。通算500本になる。「もうちょっと打てるように頑張ります」。まだまだ打ち続ける。

◆中村剛也(なかむら・たけや)1983年(昭58)8月15日、大阪府生まれ。大阪桐蔭では高校通算83本塁打。01年ドラフト2巡目で西武入り。本塁打王6度、打点王4度、ベストナイン7度。満塁本塁打は歴代最多の通算22本。15年プレミア12日本代表。175センチ、102キロ。右投げ右打ち。今季推定年俸2億円。

〈歴代本塁打上位〉

(1)王貞治 868本

(2)野村克也 657本

(3)門田博光 567本

(4)山本浩二 536本

(5)清原和博 525本

(6)落合博満 510本

(7)張本勲 504本

(7)衣笠祥雄 504本

(9)大杉勝男 486本

(10)金本知憲 476本

(11)田淵幸一 474本

(12)土井正博 465本

(13)ローズ 464本

(14)中村剛也 445本

(15)長嶋茂雄 444本

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加