【東スポ2歳S】追ってひと言

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2020/11/20

ジュンブルースカイ(友道師)元々そんなに動く馬じゃないし、これぐらいでいいでしょう。学習能力やレースセンスがあるからどんな条件でも力を出せると思います。

タイトルホルダー(栗田師)落ち着いている。体は大きくは変わってないがしっかりしてきた。素質はあるし東京替わりも大丈夫。

トーセンジャック(小桧山師)連闘だけど疲れなく今日も元気いっぱいだった。

プラチナトレジャー(国枝師)左にモタれるから内に馬を置いた。真っすぐ走っていた。調教駆けする馬じゃないので実戦で良さが出る。

モリノカンナチャン(大江原師)馬なりでテンションが上がらないように。間隔は詰まっているけど気持ち良く走れていた。

レインフロムヘヴン(堀師)前走は最後にステッキで内へよれ、ゲートのステップでもモタれていたので、再度ブリンカーを着用します。前2走時にあったスクミがなく、動きが良くなっている点で今回はアドバンテージもありそう。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加