浦和、またしても勝ち切れず...。再三の決定機生かせず広島とスコアレスドロー、5戦連続の痛み分けに

浦和、またしても勝ち切れず...。再三の決定機生かせず広島とスコアレスドロー、5戦連続の痛み分けに

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2022/05/13
No image

浦和対広島は、両者譲らずスコアレスドローで決着した。(C)SOCCER DIGEST

J1リーグは5月13日、埼玉スタジアム2002にて第13節の浦和レッズ対サンフレッチェ広島を開催。両者譲らず0-0のドローに終わった。

直近4試合連続ドローとなかなか勝ち切れない状況の続く浦和が、前節、首位の鹿島アントラーズを圧倒し、3-0の完勝を収めた広島をホームに迎えた。

序盤から浦和が、連動した小気味良いパス回しで前進。押し込む展開のなか、最前線のアレックス・シャルクが一列下りてボールを引き出し、遠くからでも積極的にシュートを放つ。また右サイドのダヴィド・モーベルグも、果敢な仕掛けから好機を生んでいく。

広島はコンパクトな守備ブロックを敷いて守り、カウンターのチャンスをうかがう。41分に速攻からジュニオール・サントスの放ったシュートは、GK西川周作の好セーブに遭い得点には至らない。
後半に入り、浦和は55分、D・モーベルグが鋭いカットインで相手をかわし、ペナルティエリア中央から強烈なシュートを放つ。しかし、これはGK大迫敬介にファインセーブで防がれる。

お互いにインテンシティの高いプレーを見せ、見ごたえのある内容となったが、両者ともに再三の決定機をものにできず、試合はスコアレスドローで決着。浦和は5試合連続のドロー、広島は連勝とはならなかった。

次節はともにホームで、浦和は18日に横浜F・マリノスと、広島は21日に京都サンガF.C.と対戦する。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】編集部が厳選! ゲームを彩るJクラブ”美女チアリーダー”を一挙紹介!

【PHOTO】サポーターが創り出す圧巻の光景で選手を後押し!Jリーグコレオグラフィー特集!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加