「U18日清食品 中国ブロックリーグ2022」女子最終結果...鳥取城北が4連勝で優勝を飾る

「U18日清食品 中国ブロックリーグ2022」女子最終結果...鳥取城北が4連勝で優勝を飾る

  • バスケットボールキング
  • 更新日:2022/11/25
No image

4連勝で優勝を果たした鳥取城北[写真]=日本バスケットボール協会

日本バスケットボール協会(JBA)が日清食品株式会社とともに「U18日清食品リーグ バスケットボール競技大会2022」を開催。女子の「中国ブロックリーグ」が9月10日〜11月23日にかけて行われた。

JBAでは昨年度よりU18世代の育成・強化・競技環境の充実を目的に「U18日清食品関東ブロックリーグ」を実施。2年目となる今年度は「U18日清食品トップリーグ」を新設し、「U18日清食品ブロックリーグ」の参加ブロックを、関東、東海、中国、四国の4つに増設した。

中国ブロックリーグでは、各県バスケットボール協会から推薦された各県1チームの計5チームが対戦。4連勝を飾った鳥取城北高校(鳥取県)が優勝を果たすと、その鳥取城北に3点差で敗れた広島皆実高校(広島県)は3勝1敗となり、惜しくも準優勝となった。

女子の中国ブロックリーグの結果は以下のとおり。

◆「U18日清食品 中国ブロックリーグ2022」(女子)

※1回戦総当たりのリーグ戦
※勝点が同じ場合、当該チーム間の対戦結果に基づき、順位を決定

【最終順位】
優勝:鳥取城北高校(鳥取県) 4勝0敗(勝点8)
準優勝:広島皆実高校(広島県) 3勝1敗(勝点7)
3位:徳山商工高校(山口県) 2勝2敗(勝点6)
4位:松江商業高校(島根県) 1勝3敗(勝点5)
5位:倉敷翠松高校(岡山県) 0勝4敗(勝点4)

■9月10日
松江商業 57-69 徳山商工
鳥取城北 92-56 倉敷翠松

■9月11日
鳥取城北 84-56 徳山商工
松江商業 92-43 倉敷翠松

■10月8日
広島皆実 67-64 松江商業

■10月9日
広島皆実 62-65 鳥取城北

■10月16日
倉敷翠松 82-96 徳山商工

■11月12日
鳥取城北 80-51 松江商業

■11月13日
徳山商工 62-72 広島皆実

■11月23日
倉敷翠松 67-87 広島皆実

バスケットボールキング

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加