Radeon新ドライバでRyzenのオーバークロックも可能に。Windows 11に対応

Radeon新ドライバでRyzenのオーバークロックも可能に。Windows 11に対応

  • PC Watch
  • 更新日:2021/09/15
No image

AMDは、GPUドライバ最新版「Radeon Software Adrenalin 21.9.1」を公開した。

21.9.1ではRyzenとRadeonのオーバークロック機能を1つに統合し、タブで切り替えて両方のプロセッサをオーバークロックできるようになった。Ryzen 5000シリーズおよびRadeon RX 6000シリーズでは自動オーバークロックも利用できる。

また、Windows 11を新たにサポートし、Anti-LagやRadeon Image Sharpeningによる性能向上が利用できるようになった。さらに、Ryzen 5000/3000とAMD 500シリーズチップセットを組み合わせた場合、とRadeon RX 5000シリーズにおいても「Smart Access Memory」も利用できるようになった。

AMD Fidelity FX Super Resolutionの対応タイトルを増やしており、「黒い砂漠」や「Data 2」、「Myst」などのタイトルで利用可能になった。

劉 尭

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加