独政府“ウクライナに戦車供与”報道に松野長官「各国政府が個別に判断するもの」

独政府“ウクライナに戦車供与”報道に松野長官「各国政府が個別に判断するもの」

  • テレ朝news
  • 更新日:2023/01/25
No image

動画を見る(元記事へ)

ドイツ政府がウクライナに対して戦車の供与を決めたとの報道について、松野官房長官は「各国政府が個別に判断するもの」と述べるにとどめました。

松野官房長官:「ドイツがウクライナに、ドイツ製戦車レオパルト2を供与することを決定したとの報道、また米国が米軍戦車エイブラムスを供与する方向で検討しているとの報道は承知してますが、今後各国政府が個別に判断するものと承知をしております」

ドイツはこれまで戦争激化への懸念などから、戦車の供与について慎重な姿勢を示していましたが、供与を認めるのは大きな転換となります。

松野官房長官は「各国政府が個別に判断するもの」と述べた一方で、「ウクライナへの侵略は明白な国際法違反だ」とロシアを非難し、部隊を即時に撤収するよう求めました。

さらに、力による一方的な現状変更は「アジアを含む国際秩序全体の根幹を揺るがす暴挙」だと指摘しました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加