“RIZIN無敗の男”シバター、朝倉未来は「絶対勝てない」 秘策を伝授「クリンチ際で首を持って」

“RIZIN無敗の男”シバター、朝倉未来は「絶対勝てない」 秘策を伝授「クリンチ際で首を持って」

  • ENCOUNT
  • 更新日:2022/09/23
No image

シバター【写真:山口比佐夫】

久保優太に勝ったのは「作戦勝ちなんですよ!」

“RIZIN無敗の男”シバターがフロイド・メイウェザー(米国)と戦う朝倉未来に驚きの策略を提案している。23日までに自身のYouTubeチャンネルで明かした。

シバターは「私、去年RIZIN大みそか大会でK-1王者である久保優太に勝ったわけじゃないですか。これは作戦勝ちなんですよ!」と胸を張る。

さらに「試合に出ない出ないと言ってみたり、事前に久保に申し合わせの提案をして裏切ったりとか全部作戦なんですよ。おそらく格闘家、RIZINファイターのなかでそういう策略に1番長けているわけです。いわば諸葛孔明。普通の人が考えないような作戦を考える天才なんですよ。そういう立ち回りのうまさがないとYouTuber業界で残ってこれませんから!」と自信をのぞかせた。

「言いましょう! 朝倉未来に勝つ方法」と水を一杯飲んで深呼吸する。約1分間無言の時間が続き口を開くと「ありません!」と言い放った。

シバター節が始まった。「ないんですよ。朝倉未来は総合格闘家としても強くないんですよ。なんのタイトルも持ってないんですよ。『THE OUTSIDER』はわんぱく相撲の横綱レベルのタイトルなんですよ」。

しまいには「MMAファイターとして中途半端な実力の人がボクシングのレジェンドには勝てないんだって、青木真也さんが言ってましたね。義務教育を受けてたらみんなメイウェザーが勝つって言う。朝倉未来が勝つって言っているやつは本当に頭が悪い。絶対勝てない」と断言した。

それでもシバターだったらどう戦うのか、作戦を明かす。「投げるかな。組みは俺の方が強い。だからクリンチする。STOとかそこまではやっちゃダメ。小手投げして、体を流れたところにフックを当てるとか。クリンチ際で首を持って、そこにぶち込むとか。コーナーに突き飛ばして、態勢が崩れたところにパンチをいれるとか。未来くん、これ提案したからぜひ使ってみて」と語りかけた。

最後には「本当にいろんなタイプのボクサーとメイウェザーはやってきてるから、おそらくはそれを対処する術は持っていると思う」と口にする。毒を吐いたシバターもこの一戦を楽しみにしているようだった。

ENCOUNT編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加