張本智和が初戦敗退の波乱 ポーランド・ディヤスとの接戦落とす 世界選手権

張本智和が初戦敗退の波乱 ポーランド・ディヤスとの接戦落とす 世界選手権

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/11/27
No image

張本智和(2019年8月29日撮影)

<卓球:世界選手権>◇24日◇米ヒューストン◇男子シングルス2回戦ほか

卓球の世界選手権男子シングルスで、波乱が起きた。東京オリンピック(五輪)団体銅メダルメンバーで、エースの張本智和(18)が、まさかの初戦敗退を喫した。

第2シードのため、この日の2回戦から登場。ポーランドのディヤスに対して、第1セットは11-7と先制。勢いづいたはずだったが、第2ゲームは5-11で落とす。その後も交互にゲームを奪い合う接戦が続いた。

ゲームカウント3-3で迎えた最終第7ゲーム。ミスもあり9-11で失い、男子シングルスでの敗退が決まった。張本は17年の世界選手権(ドイツ)ではベスト8に入った。今大会も3年後のパリ五輪に向けて期待されていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加