【中村憲剛×福田紀彦川崎市長対談 後編】フロンターレと川崎市の取り組みは全国各都市のロールモデルになる可能性もある

【中村憲剛×福田紀彦川崎市長対談 後編】フロンターレと川崎市の取り組みは全国各都市のロールモデルになる可能性もある

  • よみタイ
  • 更新日:2022/01/15
No image

川崎市庁舎で行なわれた福田紀彦川崎市長との対談は後編に入ります。
一般的には、よく知らない「市長の生活」についても、2020年に川崎市では3人目となる市民栄誉賞を受賞した中村憲剛さんがズバズバ聞いちゃいます。
そして話題は、2017年に川崎フロンターレが悲願のJ1初制覇を果たした際、5万人が集まったという優勝パレードに移り、将来のことへ—―。

(取材・構成/二宮寿朗 撮影/熊谷 貫)

No image

(前編より続く)

福田家の朝はフロンターレの話題で始まる

中村
福田市長が普段どんな生活をされているのか、そこまで知られてないと思うので、市長の日常について少しうかがってもかまいませんか?

福田
僕のことでよろしければどうぞ(笑)。

中村
市長たるもの、毎日いろんなところに飛び回っている印象を勝手に持っているんですけど、週に何日くらい市庁舎にいらっしゃるんですか?

福田
平日はここ(市庁舎)にいることがほとんどです。土日はコロナの状況にもよりますが、コロナ前や、感染者数が落ち着いている時期ならばイベントなどで外に出ていく感じですね。毎日いろんな人に会っていますし、自分で言うのもなんですが、ありがたいことに忙しくさせてもらっています。

中村
それだけ忙しいということは、人には言えないストレスもあるんじゃないですか?

福田
憲剛さん、鋭い(笑)。

中村
そういったときはどういったことで、ストレス解消をするのですか?

福田
僕は朝にシャワーを浴びるのが日課なんですが、そこでちょっと大声で叫んでみるとか(笑)。結構、ストレス発散になりますよ。

中村
それは衝撃的なエピソードですよ。なかなかの解消法ですね(笑)。

福田
コロナの状況が落ち着いている場合なら、仕事が終わった後、プライベートで市内の地元のなじみの居酒屋さんに顔を出してちょっと飲んだりもしますね。店の方から「なに? 市長、暇なの?」みたいに聞かれるんですけど、いやいや、暇ではまったくないですよ、と(笑)。

中村
市長、そのエピソードもなかなかですよ(笑)。やっぱりいろいろとご苦労があるんですね。

福田
ありがたいのは日常のなかにフロンターレがあることですね。我が家の朝は大体、フロンターレの話題から始まるんですよ。シーズンオフの今の時期なら、この選手が新しく入ってきたよとか離れてしまったとか移籍の話ですね。妻がフロンターレ情報をいつも更新してくれるんです。

中村
なんと! 奥さまが情報をチェックされているんですね。

福田
フロンターレに対する妻の熱の入り方は結構すごいと思いますよ。最近のシーズンは負けることがあまりないですけど、負けてしまうとショックを受けて食事が出てこないこともあって(笑)。そういったときは私がつくります。料理は好きなので全然構わないんですけど。だから、フロンターレには地域をつなげてもらっているだけじゃなくて、家庭までつなげてもらっているので本当に感謝しています。

中村
すごい! まさか福田家もつなげているなんて(笑)。

No image

優勝パレードでの安藤駿介選手の言葉が胸に刺さった理由

福田
今度は僕から聞かせてもらってもいいですか?

中村
もちろんです!

福田
憲剛さんが川崎市と関わりを持って活動してきたなかで最も心に残っていることって何ですか?

中村
一番は間違いなく優勝パレードです。2017、18年と2度やらせていただいたんですけど、初めてのときは「こんなすごい光景があるんだ」ってびっくりしました。

福田
私も参加させていただきましたけど、5万人が集まってくれましたよね。

中村
パレードのバスの上に立つと、人がもうぎっしりで商店街の奥のほうまで満杯でしたから。ビルのテナントにいる人まで手を振ってくれていて、もう本当に感動的でした。実はフロンターレのアカデミー出身の安藤駿介選手が昔、練習の際に通っていた場所(市役所通り)だったので、彼が「ここに、こんなに人が集まるなんて夢みたいだ!」と言っていたんですよ。僕、その言葉がかなり胸に刺さって。小さいときからこのエリアを知っている選手がそういうんだから、メチャメチャすごいことなんだなって。しかも、2年連続でやらせてもらいましたから。あの景色は本当に最高でした。

福田
コロナ禍で、残念ながら2020、2021年はできなかったですけど、あれだけの人が集まっていただけるというのは、フロンターレがいかに川崎市民にとって大きな存在なのかがよくわかります。

中村
市庁舎にもフロンターレのビッグフラッグを取りつけていただいて。告知もいっぱいしていただき、お世話になった市役所の方たちが目いっぱい喜んでくれたことがうれしかったです。だって、関係性が薄かったら、あそこまでのパレードはやっていただけないと思うんですよ。警察や消防も含めてまわりのいろんな方たちに全面的に協力していただきました。コツコツと積み上げてきたものが、あのパレードで何か形になった気がしました。それも自分が現役の間に実現したので、心の底から良かったなって。

福田
そうですね。いろんな人の思いがパレードには詰まっていましたよね。

中村
フロンターレの優勝パレードであると同時にフロンターレを応援してくれるみんなの優勝パレードでもあるんですよね。だから、あのときも1周じゃ物足りないから2周させてほしいってお願いしたんです。さすがにそれはダメでしたけど(笑)。日本一のサッカークラブがある街にしたいという思いでやってきて、入団15年目でようやく優勝できて……。あの光景は一生、忘れられません。

No image

スタジアム入りするとき好きだったテニスコートの光景

福田
フロンターレと川崎市のような関係性って、全国のどの都市においてもお互いに本気でぶつかったらできるんじゃないかとも思うんですよね。

中村
今、川崎市はスポーツチームがすごく多くて、スポーツを身近に感じることができる街だなって感じます。

福田
市が認定している「かわさきスポーツパートナー」は川崎フロンターレをはじめ、男子バスケットボールの川崎ブレイブサンダース、女子バレーボールのNECレッドロケッツ、女子バスケットボールの富士通レッドウェーブ、アメリカンフットボールの富士通フロンティアーズ、野球の東芝ブレイブアレウスの6チーム。スポーツでどう街をつくっていくかというのは、実はこれからだと僕は思っています。

もう2、3年前になりますが、ニューヨークに行って現地のスタジアムやアリーナを回ってみたんですが、試合がある日もない日もそこには、にぎわいがあることを感じました。スポーツのある日常が、街づくりにいろんな変化を起こし始めているのが今の川崎。これまではフロンターレがものすごく突っ走って引っ張ってくれましたけど、今は他競技のチームも街づくりに関わろうとしてくれています。だからすごく伸びしろがある。飲食も健康増進も教育も……スポーツと関連する様々な分野でどんどん広がりが出てくるんじゃないかと期待しているんです。フロンターレが成功事例を出し続けてくれていることで、すごく可能性が広がっています。

中村
時代によって状況も変化してくるので、新たな課題も出てくるとは思うんです。そうなったら課題解決や街の発展にも貢献できる企画をフロンターレだけじゃなくて、他のスポーツクラブ、チームのみなさんと今以上に一緒にやっていけたらいいですよね。その姿を子どもたちが見てくれて、いろんなスポーツに興味を持ってくれたらいいと思います。

福田
おっしゃるとおりだと思いますね。

中村
それぞれのスポーツクラブ、チームが街を盛り上げてくれて、子どもたちがその姿を見て育ち、のちにそのクラブやチームの選手になったら、同じように活動をしてくれる。そしてまた次の子どもたちが、というように、スポーツで街を元気にしていく循環が生まれる。そうなればすごく素晴らしいことですよね。だから、これからの川崎市が楽しみです。

福田
行動を起こすことが僕は大切だと思っているので、これからもそうしていきたいと思います。夢じゃなくて、実際にやっていくことが大事ですからね。

中村
はい。いくらスポーツクラブ側が(地域貢献を)やりたいと考えても、そこには行政の理解がなければ始まりません。だから、理解して一緒に動いてもらえたことは本当にありがたいんです。福田市長が言うように、どの都市においても行政とスポーツクラブ、チームが本気でぶつかり合い、擦り合わせていけば、日本全体がそういうふうになっていくようにも思います。

福田
だからこそ、いい循環が生まれているフロンターレと川崎市のコラボレーションが各都市のロールモデルになるとも思うんですよ。自分たちだけが良くなるだけでは意味がなくて、憲剛さんが言うように全国でそういうことが起こってくると、もっと盛り上がっていくんじゃないかと思いますね。

中村
等々力陸上競技場に関しても、現在の競技場を球技専用にして、補助競技場を第2種の陸上競技場に改修する骨子案が昨年発表されましたが、本当にビッグニュースだと思いました。僕はサッカーだけ(環境が)良くなればいいなんてまったく思っていませんし、陸上競技の方たちの思いも汲んで改修していく案ということなので、いろいろな面で配慮されているんだなと感じています。

福田
そういうふうに捉えていただけるとありがたいです。

中村
あの、この話は今まで話す機会がなかったんですけど、試合のときにチームバスで等々力陸上競技場に行くのですが、そのスタジアム入りのとき、テニスコートでテニスをやっている方たちが見えるんですよ。僕、その光景が結構好きで。

福田
えっ、そうなんですか(笑)。

中村
子どもたちも若い人も、おじさんおばさんもみんなテニスに熱中していて。それなのに、プレーを止めて、僕たちに手を振ってくれる方もいて。競技場を含めて、街のみんなのものなんだなって感じながらスタジアムに入っていくんです。こういったことも自分のパワーになりました。

福田
サッカーにあまり関心がない人でも、市民の日常のなかにフロンターレがあるということですね。

中村
等々力のあの一帯が将来、「川崎のスポーツの聖地」みたいになればいいのかもしれませんね。そう考えるとむしろこれからが大事になってくる。川崎がどんな街になっていくのか僕も本当に楽しみです。

(終わり)

No image

【ケンゴの一筆御礼】

久しぶりに川崎市庁舎に来ることができたので、優勝パレードの興奮がちょっとよみがえってくるようでもありました。市長応接室にはフロンターレを含め「かわさきスポーツパートナー」のいろんなチームのユニフォームが飾られてあって、「川崎はスポーツの街」だとあらためて思いました。そして市とフロンターレだけでなく、みんなで一緒になってこの街を盛り上げていければいいなと感じることができました。
市長の仕事が多忙極まりないことはわかっていましたが、朝シャワーで大声を出してストレス発散というのはちょっと意外でした(笑)。大変なお仕事だと思いますが、どうぞストレスはあまり溜め込まないように、今シーズンもフロンターレの応援、よろしくお願いいたします。

次回は2月内に配信予定です。お楽しみに!
(取材時は感染対策を徹底し、撮影時のみマスクを外しています)

中村憲剛、福田紀彦

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加