アマゾン、物流倉庫の新型ロボットを披露--完全自律型も

アマゾン、物流倉庫の新型ロボットを披露--完全自律型も

  • CNET Japan
  • 更新日:2022/06/23
No image

Amazonは米国時間6月22日、同社の物流倉庫内で商品の運搬や仕分けの作業を行う最新ロボットを公開した。

その1つ「Proteus」は、ライムグリーン色の大きな「ルンバ」のような外観をした、Amazonにとって「初めての完全自律型」移動ロボットだ。また、「Cardinal」という別のロボットは固定型で、基本的に手の部分が吸着カップになった長いアームの形をしている。Amazonは、これらのロボットによって、重い荷物を持ち上げる作業など、従業員が行うきつい肉体労働を軽減したい考えだ。

同社はブログ記事の中で、10年間にわたるロボット技術と物流倉庫でのロボット技術の利用における実績に言及している。そして、安全性の懸念があった過去の自動化設計とは異なり、Proteusは、人間と同じ空間を動き回れるようにプログラムされているという。同ロボットは自律型で、従業員の邪魔をすることなく自らの作業を自動的に実行し、倉庫内で荷物の移動に使われている車輪付きのコンテナを持ち上げて運搬するように設計されている。

Cardinalは、コンピュータービジョンと人工知能(AI)を組み合わせて、仕分け作業を支援する。流れてくる荷物の中から一度に1つの荷物を取り上げて、そのラベルを読み取り、出荷プロセスへと引き渡される適切な車輪付きコンテナに積むことができる。従業員は通常、重い荷物を動かすために体をねじったり向きを変えたりしなければならないが、このロボットによって、従業員の怪我のリスクが軽減されることになると、Amazonは述べた。Cardinalは現在、最大50ポンド(約22.7kg)の荷物を持ち上げるためのテストが行われている。Amazonは2023年までに、このロボットの倉庫での使用を開始したい考えだ。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

Kourtnee Jackson (CNET News) 翻訳校正: 編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加