KEITA MARUYAMAと“千代の富士”の初コラボ第一弾発表

KEITA MARUYAMAと“千代の富士”の初コラボ第一弾発表

  • もしもしにっぽん
  • 更新日:2022/01/15

KEITA MARUYAMAは、千代の富士プロジェクトとのコラボレーションシリーズ第一弾を、銀座三越にて2021年12月29日(水)より開催するポップアップイベント「丸山敬太の縁起物市」と、同日KEITA MARUYAMAオフィシャルオンラインストアにて発売開始。

No image
No image
No image
No image
No image
No image

第五十八代横綱・千代の富士の愛称である “ウルフ” 世代だと自ら語る、デザイナー丸山敬太からの熱望により実現したスペシャルな企画となる。また、千代の富士プロジェクトにとっても過去のコラボレーションとは一味違う、KEITA MARUYAMAらしいクチュールテイストのエレガントなアイテムラインナップとなり、刺繍は、アクセサリー&バッグブランドwild rose hipsを手がける酒井佐和子氏が監修し、カシミア混オーガニックコットンの刺繍ニット、ベルベット刺繍巾着、利休バッグが登場する。新年1月2日(日)は、デザイナー丸山敬太と、千代の富士プロジェクトを手がけるAKIMOTO Inc.秋元剛氏が、銀座三越の店頭にて来店客を迎え、2022年の初売りを盛り上げる。

千代の富士プロジェクト・秋元剛氏からのメッセージ

敬太さんからコラボレーションの打診を受けたときに、二つ返事で 「やりたいです!」 と答えました。 これまでに千代の富士ブランドとして発表してきたストリート色の強いデザインではなく、KEITA MARUYAMが得意とする刺繍を用いたクチュールライクなデザインで、千代の富士の力強さを精細に表現していただきました。希少性の高いアートピースのようなプロダクト。ぜひたくさんの方に見ていただきたいです。

デザイナー丸山敬太からのメッセージ

昭和を代表する大スター千代の富士関。僕らの世代は、彼の美しい相撲と、姿と、チャームに熱狂し、ウルフという名を呼び、沢山の勇気を貰いました。時を経てこんな風に自身のブランドでコラボできることがとてもうれしいです。価値のあるクチュール刺繍で素敵に仕上がったと思います。

MOSHI MOSHI NIPPON

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加