告白されたいならまず自分から!さりげなく「好意を伝える」方法

告白されたいならまず自分から!さりげなく「好意を伝える」方法

  • 愛カツ
  • 更新日:2021/09/15

「目には目を、歯には歯を」この言葉を聞いたことがある方は、多いのではないかと思います。

恋愛でも同じように、相手から告白されたいなら、まずは相手に自分の好意を伝えることも大切なのです。

伝え方次第では、男性からの告白を後押しできるはず。

そこで今回は、自分の好意を「さりげなく」伝える方法をご紹介したいと思います。

普段の会話で実践できるテクニックなので、ぜひ実践してみてくださいね。

No image

「特別感」を出す

まずご紹介するのは、他の男性よりも「あなたは特別」だと思わせること。

たとえば、席に座るとき、「○○くんの隣がいいな」と耳打ちする。また、デートの約束ができているなら、「何があっても、○○くんとのデートの時間は、空けておくからね!」と言ってみるのもおすすめです。

他の誰よりも彼を優先していると伝えられたら、好意はしっかり伝わるでしょう。

目で追ってみる

好意を伝える方法は、なにも会話やスキンシップだけではありません。

彼を見かけたときに少し立ち止まって、じっと見つめてみましょう。彼と目が合ったら、微笑んで手を振ってみてください。

偶然でも、「こっちに気づいてほしい」「気づいてくれて嬉しい!」という熱い視線があれば、あなたの特別な好意が伝わるはずです。

一緒にいる未来をイメージしてもらう

「一緒に過ごしたなにか」があったときに使えるテクニックがこちら。

その「なにか」の後、別れ際にでも「来年もまた○○くんと一緒に来たい」と言ってみると良いかもしれません。

あるいは、「△月に○○があるから一緒に行けたらいいな~」と、少し先のイベントデートをおねだりしてみるのもあり。

彼にも、きっと2人の未来を自然な形でイメージしてもらえるはずですよ。

「一緒だから楽しい」アピール

「一緒にいると楽しい」アピールをすることでも、自然な形で好意を伝えられます。

ほかの誰かではない、「あなたと一緒だから」とアピールするのがポイントです。

「やっぱり○○君と一緒だと楽しい!」「○○君が一番いいな」などの言葉をかけてあげると、きっと好意に勘づいてくれるはず。

直接言うチャンスがなければ、帰宅後にLINEしてもOKです。

アプローチを引き出そう!

男性が告白に踏み切れないのは、「イメージ」や「妄想」ができていないから。

今回ご紹介したものはどれも、その背中を押すものです。

告白する勇気がない人は、「もしかして付き合いたいってこと?」「やっぱり俺のこと好きなのかな」という雰囲気を出して、会話や目線などで誘いましょう。

こちらから好意を伝えていくことで、やがて向こうからのアプローチを引き出せることでしょう。

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加